from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Layo&Bushwacka!@Womb,05.02.26

Layo&Bushwacka!行ってきましたよ♪

とはいえ、前日のInfusionショック☆があまりにも大きくて、
テンション上がり過ぎのまま、金曜の夜から一睡もせず土曜日を迎えてしまいました。
…どこまで脳みそ単純なんでしょうか、私。

朝10時から英会話クラスの振り替え授業。
ハイテンションなイギリス人の先生と、
聞き慣れないQueen's Englishに頭がぐるっぐるになり
(しかもその先生が「トトロ好き!」とか言うもんだからもう笑い止まらないし)、
さらに昼からはWorking Holidayのオリエンテーションがあって、
Sydneyから来てたAlexなる青年から、これ以上ないというほど丁寧に、
「夜遊び交通機関の選び方 in Sydney」「夜にお酒の飲める場所」
「オーストラリアタバコ事情」「オーストラリアコンビニ事情」
などを教えてもらいました。
ちなみにmyulは一言も「夜遊び好き♪」とか言ってませんよ。
「音楽とアートに興味があるからMelborneに行くの」と言っただけです。
見た目から何かがバレてたんでしょうか…。そのへんどうなんですか?Alex。

23時からウォームアップ無しで2人(のどっちか)が回すとの事で、
ちょっとボケボケしてて1時過ぎにWombに到着してみると、フロアはもう人だらけ。
しかも外国の方、いつもより3割増し!
平均身長デカすぎて、myulには前が見えません。
めずらしくフロアのブースで余計混んでるし…。
「今どっち?」と思わず同居人ednaに確認しましたよ。

Layoのほうが先に回してて、Tribalめ、Rockin'めのカッコよろしい選曲で
すっかりKnock out☆
音の広がりが、Wombの天井でも間に合ってないくらいで、
かなり大箱映えしそうなスタイルだなあという印象を受けました。
しかしさすがに途中、寝てないためにふらふらになってしまい、一時ダウン…

CHABLE&BONNICIのride(King Unique Remix)だの、
Nirvanaのrmxだの(曲名忘れ)、
もうドッカンどかん盛り上がってるのに、myul、2Fラウンジで睡眠と覚醒の間。

しばし無意識の時間の後、フロアに戻ってみるとBushwackaにチェンジしてて、
ややコマーシャルともとれる選曲に…Massive tune 多めでフロアが揺れる揺れる。
そんな中、同居人ednaに異変が…。

なんか急に呆然とした顔をして立ってるので、
ステキなおにい様からお尻にタッチでもされたのかと思って(笑)
「どうしたの?」と聞いたら、
「…なんかどっかの外国人に急に腕つかまれて"Hey! Where is your student?"
 って聞かれて、その後俺の顔じっと見て"Oh! Sorry!"って…」
…edna、英会話教室かなんかの講師と間違われてるでやんの…。笑ったよ、悪いけど。

そして"Love Story"来たっ☆
本当に待ってました!な人もいっぱいいたようで、
場の空気がふわあっと上がっていくような暖かいテンションに包まれる。
…良い曲だわー。

New mixだったらもっと嬉しかったんだけどなあ…。

その後もちょっとお馴染み系の曲が続き、
…ちょっと???な感じかなあ。

リベンジは果たせましたが、微妙に…

いや、Miamiで再会してから言いましょう。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-03-04 07:03 | Club - Tokyo