from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

New OrderのNew Albumちょっと聴き。

店頭にずらっと並ぶ、"No"と書かれたジャケ…何事??
a0033805_14155310.jpg

…と思ったら、New Orderの新作"Waiting for the Sirens' Call"でございます。
先行シングル"Krafty"は、Asian kung-fu Generationによる日本語詞へのリライト(←アジカンだけに?)がされて、日本語で歌ってるバージョンが有ります。
何故アジカン?って正直思ったけど、
"Krafty"に関しては確かに最近の日本のあの辺のバンドに近いものがあるかも。
個人的には他album収録曲も聴きごたえ有りでした。是非試聴してみてね。

ここで"Krafty"のVideoが観れますよ。
いきなりドラム式洗濯機!先日のコインランドリーの投稿思い出して微笑。

Ben folds fiveの"カネカエセ"もそうだけど、何で英語圏のアーティストに日本語で歌われるとすべてヘタウマ度が増強するのやら。
プロモーション目的で強制するのはできるだけ控えてね、レコ会社さん。
…って事は、日本人が英語の歌詞で歌ったらやっぱりヘタウマ?恐っ。
カラオケバーとか行けないね。
でも行きそう。行ってBrondyの"Call me"とか唄う自分が見えるよ。

--------------------------------
Waiting for the Sirens' Call
ぜひ日本盤で日本語ヘタウマっぷりをご堪能ください。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-04-23 14:38 | Club music