from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Deep Dish@Metro.04.06,2005 pert2

…とか言ってる端から、アゲまくりですよ。
タンテ類の他にPowerbook一台。かなりの率でそっちの前にいた。やっぱりLiveかなあ。

オットコマエ云々というのはヴィジュアルの話じゃなく(イヤ好きなんですが…見えてないしね)、
サウンドから出てくるオーラがオットコマエなんだな。もうたまらん。
フロア(家)に帰ってきたぜー!って感じ!細胞レベルでイキイキしてくる。

中盤にさしかかる、というよりはもう少し手前で
新曲"Sey Hello"!
フロアがうわああああっとなる。
聞きたくてしょうがなかったから私も大盛り上がり。

こっちではRadio1系のヒット曲ってのは、日本でいうオリコンチャートみたいなもんで、
安い服屋(日本だとジーンズメイトとかユニクロに相当)とかでガンガンオンエアされるんですよ。
日本にいた時とちょっと見方が変わったよ。

だからなのか、日本での彼らのセットとは印象が少し違った。
"Sey Hello"ドロップした後は、ヴォーカルトラック多めで、
あえてとっつきやすいものを選んでるように感じた。
サゲるトラックとか、妙なトラックとかどうにも皆無。おやおや。

気づいたらSharamに交代してて(髪の長さで判断)、アゲアゲテクノタイムに突入。
いよいよ体力がもたなくなってきて、しばし休憩です。
(気になる飲み物のお値段…ラムコーク一杯$6.5。まあまあだね)

そろそろ変則ドラムンタイムとかあるかなあ、と思ってフロアに戻っても、全く影もなし。
そのかわりもう一回"Sey Hello"が…。うそおおおん(泣)!!

まあ…今回はアルバムリリースパーティーとの事だったので、
多少コマーシャルなものを求められてたんでしょう。
しかもMetroってすごい大バコという位置づけだし…。

DJってしみじみ大変な仕事なんだなあ。
他の仕事もそうなんだけど、
自分のやりたい事と求められるものの間にいつもいなきゃいけない。
だからたぶん、日本でプレイするときはきっと本当に楽しんでるんじゃないかと思った。

ロンドン程じゃ無いかも知れないけど、みんなもっと日本のクラブシーンに自信もっていい!
いろんなDJがインタビューで「日本が好き!」って言ってるのはきっと70%くらいの確立で本音だと思う。

今週のDanny Howellsはきっと、小さめのハコだからいいセットが見られるんじゃないかな。
ともあれ期待っ!!
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-06-08 15:23 | Club - Melbourne