from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Gavin Keitel's CD launch party@Brown Alley.09.07.05

今、非常にDave Seaman的使命感、すなわち
「こんなスゲエ奴、何でみんな知らないの? ここはひとつ自分が皆に知らせないと。」
に駆られてます。いやいや、まったくもって本当に素晴らしいプレイでした…
日本にいる皆さんと感動を共有できないのが、本当もどかしくて仕方なかった!

今回のヴェニュー、King St.にあるBrown Alley
(またの名をcorner hotel。本当にカドにある)もまたよかった。
スピーカーデカイし、東京を離れてから、久々にレーザー光線浴びたし!
Womb育ちのコなんで、やっぱりこのテの音とレーザーってしっくりくる。

オープンからまわしてたOzzie LAは、テックハウスやこっち来てからよく聴く、tribalなbreaksを駆使したセットで、短時間ながらもいい感じに場を盛り上げてた。
クロークが開いてないこともあって、2Fから見てたんだけど、
最近名前見すぎのTiefschwarz”issit”がドロップされた時点で、
とうとう我慢ができなくなってバッグ持ったままフロアへ。これ、何回聴いても好き。

1時からの予定というのに0:45くらいにGavin Keitelに交代!
硬くてハウスよりの印象のMixCDより、アゲめテックハウス中心でスピン開始。

そのあともエレクトロな4つ打ちとBreaksを自由自在に行き来しつつ、時にトライバルにもなり、時にボーカルものも取り入れてくるというのに、まったくとっ散らかった印象無し。
すべての音楽要素がいい感じにイコライジングされているのに、
ダイナミズムが全く失われない(音質の話ではなく)!
そんな音がフロアに満ちていって、体温をヒートアップさせていく。

ビデオ編集の技術で、複数の動画素材を再生しながら、リアルタイムに一部をカット&ペーストして、新しく1本のクリップを作りあげる方法があるんだけど、それを思い出した。
(詳しい方へ注:リアルタイムノンリニア編集のこと)

4時間セットだというのに2時間の時点でものすごくいろんなものを見た気がして、
「おいおい、この後もまだ2時間って、どうなるの??」と思ったら、
いきなりBorder community~!な男子ゴコロタイム、
トゥーマッチにならず絶妙にセットの中にイン&アウト。
(最近チェックできてないからどの曲か判らないけど、BC絡みとほぼ確信。)
コミュニティの味ー♪
VJではCG錦鯉もザブザブ泳いでるし、レーザーは旋回してるし。

心に「I LOVE MUSIC!」の文字が浮かび、
そのあとも次々と色を変えていくプレイに乗せられて、最後までノンストップで踊っておりました。
フロアで"You're no Joke. You really dance with music!"
(「あんた、そうとう音に本気だね。」)とか言われた。…ええ、いつも本気ですが?(笑)
いつもはじぃーっとサブフロアでレコチェックしてるであろう、音フリークなオタク男子達も、
本当楽しそうに踊ってた。いいことだ。
私はこういう人たちが大好きだ。フロアは踊るためにあるんだから!

本当、早く日本でも彼のプレイを堪能してもらいたい!
残念なことに話せなかったので、私のほうでも、どうにかメール送ってみる!

CD日本発売に合わせて、どなたかブッキングしたい方いませんか??
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-07-11 14:49 | Club - Melbourne