from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

アルバイトは英語じゃない!まして日本語でも。

ドイツ語で「労働」らしい、と昔なんかで読んだなあ。
きっと昭和初期ぐらいにインテリの医学生あたりが言い出したんでしょうね。
「今日は午後アルバイトだから。」とか。

ドイツ語でクリックハウスって書くと、やっぱりKlik hausなのかなあ、
とか、道すがらぼんやり考えてた私。
どうやら正解だったようです

今日は5時から「アルバイト=Casual job」のテストに行ってきます!
日本食カフェ(中国人経営)。約4年ぶりのウェイトレス労働。できるのか?

昨日は帰り道で、アラブ系と思われる素敵なお兄さんに
突然「ハァ~イ☆」って笑顔で挨拶され、しかもお兄さん、そのまま通り過ぎてったので、
まさにKitsuneにつままれたような気持ちでした。クリックハウスだけに。
クラブならともかく、知らん人に道でいきなり挨拶されるのは初めてだなあ。

ちょっといい話でした(どこが)。


=後日談=
行ってみたら、1時間くらい働いたところで「今日は人がいないから帰っていいよ。」と言われ。ほかのスタッフと考えてみてまた必要なら電話するって。微妙すぎる。
日本でこれ言われたら「アンタいらないから。」っていう意味だよなあ。どうなんだろう。

ま、10ドルとごはん(釜飯)ゲットしたからよしとしよう。
なんかものすごく「千と千尋の神隠し」気分だった。

お皿に「だからこんなに胸がドキドキしてたんだね。」って書いてありました。
(少女マンガモードなあいだみつををイメージしてください) 何にドキドキしてたのか。
ていうかそういう少女マンガなドキドキしたああい。

アスパラガス巻き(アスパラガスにベーコン巻いてある。さほど日本食でもない)の表記が
「Asuparaga Sumaki」になってました。
すまき。

そしてBGMは浜崎あゆみでした。
♪今日の嬉しかったこと、今日の悲しかったこと♪
…まさに。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-07-21 14:26 | Melbourne