from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Gavin Keitel@Arthur's bar 22.07.05レポ☆

a0033805_1517294.jpg
AC/DCレーンのあるFlindersレーン(Flinders st,の1ブロック北の路地)は、
他にもいい感じのバーとか小さいクラブ(というかDJブース付のバー)がちょこちょことあった。 上級者向けの遊び場といったところなのかな。
Arthur'sは本当に小さいハコなんだけど、
座る場所も沢山あるし、またデザインも椅子のすわり心地も良くって!pretty good!
これで$6は安い☆

金曜の夜という事もあり、フツウに遠巻きに飲んでる人が多かったんだけど、
フロアの真ん中より少し後ろ位で踊ってたら「こっち来なよ~!」と、
最前列でしょっぱなからガツ上げで踊ってる女子2人に誘われて非常に楽しく踊る。
(最初から何か踊り子オーラ感じるなあと思ったら、結局彼女達も最後まで居て、レジデントの友達だった)

他にもレジデントの友達らしい、
Oli(たぶん本名Oliverかと)とSalahというカップルと話したりした。
聞き間違いだと思うんだけど、テッキーで割とピッチの早い曲がプレイされてるときに、
Oliが「これOsamuだから!」ってタンテ指差しながら言ってた…??結局真実は分からず。
私が入ったときのレジデント(3人いるうちの一人)は、
曲と曲の印象が途中でブツ切れちゃう感じではあったんだけど、
なかなか楽しい4つ打ち<エレクトロ>Breaksをプレイしてた。

1時半、本日のゲストDJ、Gavin Keitelに交代!
もうね、今MelbourneのDJで誰オススメ?って訊かれたら、
0.1秒で彼の名前言います。私。

今日は地味アゲなエレクトロからスタート。楽しく踊ってて、気づいたら全然違うトコにいました!なリアルタイムノンリニア編集っぷりの冴えるプレイにもう大満足。
ハウス要素が意外に強いCDとはまた印象の違うプレイをする人です。

切り替えが、ここでこう来て欲しい!というパーフェクトなタイミングで来るので、
本当踊ってて心地よい。
だから、地味なエレクトロとかキテレツなbreaksみたいなマニアックな選曲をしている瞬間も、
ガンガンに踊れるんだなあということがよくわかった。
何かそろそろトライバル味にいきたいところだなあと思ったら、本当にトライバル味で来るし。
みんながみんな好きかは分からない…けど、
少なからず私の踊りたい気分には完全にシンクしてくる。
驚異的なシンクっぷりです。予定調和という意味ではなくね。
またも心にI! Love! Music!が、ぎゅううっと浮かんでくる。

今回は僅か1時間程たったところで相当遠いところまで旅してました(時計見て苦笑)。
結局3時間半くらいやってたのかな? ヘンな人に邪魔される事も97%くらい無く、
本当親密でいい空気のなかで終始楽しく踊ってきました。
前回のLounch partyも良かったけど、今回のもまたかなり良かった!
あんまり楽しかったので、人のタバコでちょっとヤケドしたのを今の今まで忘れてました(笑)。
オルガンの音が3度5度でコーラスして鳴り響くテックな曲とか、
確かJonathan Lisleもプレイしてたシャッフルビートの曲とか
(この曲前後の繋ぎはマジ驚異的で!)、
issitのすっごいヘンなリミックスとか、
元曲がおそらくChableっぽいトラックとか、とにかく素敵だった♪

でも、シメのレジデントのプレイが
「懐かしのBBC&progヒット大全集」とでも名づけたくなるような感じで。
しかも異様にBPMが速くて…踊れませんから。この時間。
あんな速い"Closer to me"初めて聴いた(笑)。半分、女性の声に聞こえたもん…。

例の踊り子の一人が「今日は本当会えて良かったー!!」って言ってくれたので、
もちろん私もよ!Me too!って返しておきました
(本当はSo do I ! とか言いたいところだけど)。
クロークのスタッフに日本語で「この音楽は好きですか?」と言われ、
迷うことなく「大好きです!」と答え、「また来る?」「はいっ!また来ます!」と
元気に正しく返事しました。
…本当、ちょっと日本語習ってたって人が多すぎるぞ、この街
(この日クラブだけで4人遭遇した)。

不愉快だった3%>ウザい英会話教師(Jonathan、お前だお前)。
私、アンタの学校じゃなくて良かったよ。
Japanese Girlsを軽く見てると、そのうち痛い目に会うから覚悟しときな。
Can be cruelですから。
You're the Dancing Queen!っていう言葉だけは受け取っとく。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-07-25 15:12 | Club - Melbourne