from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

【an an風コラム】 myulの恋とはなんぞや

さて。
このとおり、音楽愛以外の愛にも恋にも全く欠けているAUS暮らしなんですよ。
これって25歳としてあまりにも不健康ではないだろか。
大体土曜の昼間っからこんなん書いてUPしてる時点で不健康。
デイリーポータルZ見ながらニヤニヤしてる時点で不健康。ため息。
これじゃクマもきえませ~ん。 大高先生、ごめんなさい。

優柔不断な男子に恋してしまったばかりに、恋に翻弄されまくってる17歳の女の子、
クラブの国Nightで、突然Uni通いの彼氏をゲットして、周りを驚かせた友達、
本当はすっごくみんなに愛されてるのに、本人がみんなに等しく仲良しなもんだから、
「友達ばっかりで彼ができないよ~!」って叫ぶ友達、
「私、オカネモチの中国人と付き合うから。」って、彼女に去られた友達。
(その彼女、city内で見たんだけど、真冬だっつーのに今時見ない程の超ミニスカでさ)

とにかく今、私のMel友達は
「ラブ・アクチュアリー」級に、恋に恋焦がれ恋に泣く状態で、
みんな違う国にいてちょっと寂しいからなのか、本当、実に簡単に恋に落ちていく。

…って思いっきり、他人事目線で見てんじゃん私…恋愛エントリーしてないよー!

別にそこまで誰かを必要としていないのはまったくの事実なんだけど、
それで精神的にオバサン化してしまっては、ますます肌も心もぼろぼろになるってもんです。

で、これではいかん!と恋愛へのテンション上げるべく、家でDVD鑑賞…って、
これ、まるっきり負け犬ロード…負け犬ロードショウですか…。
「ラブ・アクチュアリー」をはじめとして、ついつい「恋に落ちたシェイクスピア」とか「「ジャスト・マリッジ!」まで見ちゃったよ<最後は選盤ミス。

…余計虚しくなってしまって
恋愛テンション、Maxレベル50としてレベル2くらいまでしか上がりませんでした。
「ジュディ・デンチ演じる女王陛下が水戸黄門みたいだなと思いました。」
みたいな感想が先に出てくる時点で、もういよいよ重症です。
負け犬ロードショウは逆効果です。

フロアが溶けるほど恋したいわー。はー。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-09-10 16:17 | Melbourne