from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Godskitchen(3)Nick Warren

『Mr.GU』、Nick Warren♪

彼のセットは何年ぶりだろう…本当にクラブで遊び始めたときにWombで踊って以来だ。
当時はその後、やれコマーシャルすぎだとか色々と某chで叩かれてるのを見たけど、
私はとても楽しかったのを覚えてる。
でも、今聴いたらどうなんだろうと、正直、大きく期待はしてなかった…が。ですよ。

hybridのセットはいわば窒息しそうだったんだけど、なんだこの違いは???
タイトな4つ打ちが絶え間なく押し寄せるんだけど、
ちゃんと息ができる=気持ちよく音に入っていって踊れる感じ。

確かにフェス向けの、トランシーすぎません?なトラックが沢山だったんだけど。
普段は本当そういうのはウンザリなんだけど。

DJがうまいってこういうことなんだろうか?
そういうtrackだろうが、German techhouseっぽいのだろうと、tribalだろうと、
全部がNick Warrenの色で出てきてひとつになっている。
若手だとDesyn Masielloぐらいかなあ…この域に迫ってるの。私の偏見ですが。

バンドやってたときによく言ってた言い回しなんだけど、スピーカーから風が吹いてた。
おんなじ事やってるのにあの人がやると風が吹く!っていうw

やっぱりNick Warren、かっこいいぜ。
あの日の私はちゃんと判ってたんだ。基本をきっちりやってこそのかっこよさなんだろう。
うわー白いご飯美味しい!みたいな。
バックスピンかけたり、エフェクト使ったりみたいな今スタイルのmixもとりいれて、
その辺の「常に進化すること」っていう重要な部分もしっかり守っている。

ついつい、いつもマニアックなほうへ走っていく私ですが、基本を(自分にとっての基本もね)
再確認できた、とても有意義で、楽しい踊り時間だった。
フェスってものの性質上、あんまりまだ色々聴いてない若人もいっぱいだったと思うんだけど、
あの場を楽しめたそういう子はとてもラッキーだったと思う。
Nick Warren本人も楽しそうでしたよ~。ああいうの見るとこっちもとても嬉しい。

クロージングはまたHybridの無地Tが。
シメのtuneはPetter - These days(Chable remix)。
もう、どこまでサービス精神旺盛なんだ(笑)。
しかし、アリーナで聴いてもやっぱりこのtune、いいわ~。
この週末だけで2these daysだよ!

いや~、とても踊った。ノンアルコール、水2本でよく踊った。
クラブジャンキー的にはともあれ、踊り子としては満足!
クラブ祭シーズンの第一週としてはいい幕開けだ。

一人でにやけながら、朝のヤラ河を見ながら帰りました。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-10 01:38 | Club - Melbourne