from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Myloの突発性難聴に思う。

Mylo、うちの近所にも来る予定だったんですが、
その前の日本公演も急に中止とのことで「え~ 仮病で病欠~?www」
とかシャレで言ってたら、なんと突発性難聴だそうですよ。

実は中学生の時、突発性難聴を経験したmyulとしては黙ってられない…。
何の前触れもなく、ピアノでGのコードを弾いた瞬間に、右耳に音が突き刺さりました。

耳鼻科で聴力検査をしたら、右耳が高音域だけ聴こえなくなってて、
…なんつーか、高音域をイコライザでカットしたみたい。
時計の秒針の音とか、シャワーの音とか、なんてことない日常音が今までどおりに聴こえないことに、ものすごく恐怖を覚えました。
夜になると一気に恐怖が襲ってきて、毎晩こっそり泣いてた。

その領域の音を感じる細胞が損傷してるので、
細胞に栄養を与えて修復してみよう、というのが私の場合の治療法で、
毎日、学校帰りに耳鼻科で6時間近くビタミンと血行を良くする成分などの点滴を受けて、
週一で聴力検査して、そのたびにちょこっとずつ良くなっていくのが本当に嬉しかった。
成長期だったこともあったのか、半年前後でラッキーにもほぼ回復。
でも、「突発性難聴はおおよそ3分の1は完治し、3分の1は回復するが難聴を残し、3分の1は治らずに終わる。」(リンク先より)だそうで、私はラッキーなほうの例だと思います。

とにかく、いきなり聴こえがおかしくなってる!と思ったら、速攻で病院に行ってください!
放置すると治らなくなるそうなんで。

ニュースで突発性難聴の話を聞くたびに、あの恐怖やら長時間の点滴やらに苦しんでるんだろうなあ…と思うわけですよ。ましてミュージシャンじゃ尚更よね…。

Not Destroy 耳!っつーことで、早く良くなるといいね!
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-24 02:32 | Club music