from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

ずんどこ夏祭り/サンバの金曜日@Brown alley

a0033805_140356.jpg
いやー良かったよ!
Blueprint (aka GLENN ROGERS)のライブ!!!!
AustraliaのBreaksシーン、最新のライジングスター☆
今までにBreaks界の大御所さん達と共演してきて、
BBCのAnnie Nightingale姉さんのショーでも取り上げられて…とまさに破竹の勢い。

いやなにがユニークって!
何とリズムパートが全部エレクトリックドラム、その場で叩いてる!
「クラブミュージック=機械で組まれたリズムループ」という概念を、軽~く覆してます…。
こういう驚きがあるからライブはやめられないんだよねえ。もう。

猫背で細っこ~い音オタクそうな兄ちゃん(たぶん彼がGlenn Rogersだと思う)が、
PCとかシンセ類をコントロールしてて、
その横で上腕二等筋がまぶしいマッチョな兄ちゃんが、ハチマキ姿でエレドラをバチで叩きまくる!
…意味わからん!意味わからないけど、なんか少年マンガに出てきそうなナイスな組み合わせだと思った。

音のほうは気持ちラテン系トライバルが入った感じのBreaksで、ごっついダンサブルです。
エレドラさばきも手伝って、「ガリとマッチョが織り成すズンドコ夏祭り」といった趣き。
なんか野外レイブ映えしそうな感じで、これは日本の関係筋もほっとかないんじゃないかしら。

以下リンク先から是非聴いてみてくださいな(スクロールして一番下)。
Blueprint - What kinda friend / With you awake

a0033805_1401944.jpg
んでもって、Phil K ~。
最新プロモの中、25分くらいのとこで、何を思ったか突然おサンバなチューンが始まって驚愕したんだけど、今回もHexstatic - Salvadorっぽいのから怒涛のサンバアワーに突入、参ったよ…
2005年ディスコの次はサンバブームが来るのでしょうか。
しかしサンバとBreaksのリズムをミックスしてる部分はごっつい新鮮でワクワクします。

その後ヘンタイ系エレクトロ時間を通過して、Lostep - Because We Can !
もー最crazy! ボーカルものでもないのに最近よく口ずさんでますよ(爆)
しかしGavin Keitelもプレイしてた途中シャッフルになる超カッコイイ曲、
また聴いたけど…誰のだろう。気になるなる。

Jamie Lidellの件でお礼言ったりしてから帰りました。
追記:「プレイ中酔っ払ってたけど判った?」とか訊かないでください(ある意味返事に困る)。

さてそろそろ夏も終わりに近づくので、夏を追いかけて4月中旬には北上する予定です。
こんがり焼けてから帰るぞー。
あ、でもセルタンで。
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-03-04 23:39 | Club - Melbourne