from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Paolo Mojo Special Interview(風)vol.2

a0033805_1385363.jpg

※ちなみに今回も画像、higher-frequency風に作らせていただきましたが、
本家のインタビューはコチラ。

半年ぶりに、病み上がりで帰ってまいりました、Paolo Mojo。
今回のパーティはRenaissanceでの開催でしたが、
折角なので内輪でお食事会をやりました。
場所は渋谷区宇田川町、京Cuisine「みます屋」お座敷にて、鍋を囲みつつ…。

-----------------------------------------------------------------------

一同:Cheers, かんぱーい!!!
(みんなはお酒、Paoloは緑茶で乾杯。)

-それでPaolo、病気のことだけど…
Paolo Mojo(以下P):うん…最初は食中毒だって診断されてたんだけど、
実は膵臓炎で。膵臓が腫れあがってもう本当に痛くなって、気を失って、
気がついたら病院のベッドにいた。今は、自分としては大丈夫なんだけど、
もしまた症状が出たら…ちょっとあぶないかな。いや、情けない話だけど…。
-本当に大変だったんですね。まだツアーも残ってるし、気をつけて!

-Wombでプレイしてどうでした?
P:良かったよ!客も超盛り上がってたし…みんなちょっと…オカシかったよね。
(一同苦笑)
P:もうさ、こーんな顔(<顔マネ)した奴が、前のほうの列で
「うおーーーーーー!Paoloマジヤベーーーーよ!」って…(笑)
-そんな人だらけでしたね…(笑)
P:あ、キミも「うおーーーーーーーーー!」(<まだ顔マネ)ってしてた。
-してないですって(笑)
そういえば今年の大みそかのWombは、Nic Fanciulliがプレイするんですよ。
P:うん、Nicもすごく楽しみにしてるって言ってたな。

(鍋が用意されてるのを見て)
P:客が自分で料理しなきゃいけないなんて、あんまいいレストランじゃないねえ(笑)
-いやいや、これはすごく伝統的な料理なんですよ!
じゃ、これ熱いから気をつけて…
P:(箸で具をつかもうと悪戦苦闘中)
-…フォークもらいます?
P:いや、いい…。
-ちゃんと箸の練習しました?
P:いや今のとこしてない(笑)でも箸を使うよ。
 確か日本でも同じような言い回しがあったと思うけど、
「When in Rome, Do As The Romans Do(郷に入らば郷に従え)」だから
-それこそFanciulli(Skylark)の曲の「When in Rome」ですね(笑)

-じゃちょっと音楽の話を…10代の頃って何を聴いてました?
P:うーん…
-…もしかしてHeavy Metalとか聴いてました?
P:…うーん、モトリークルーとか?ちょっとは聴いてたな。まさか家中にポスター貼って…とかじゃないけど、アイアンメイデンとかその辺……あー!
POISON(※どハデなLAメタルバンド↓)とか聴いてた(苦笑)
a0033805_1404453.jpg

…でも、基本的にポップスのほうが好きで…プリンスが好きなんだ。

-じゃあニューオーダーとかはどう?
P:…は?「ヨーダ」?
-いや、あの、New Order…
P:「この飯はうまいのう。」(<スターウォーズのヨーダのマネをしながら)
(あまりの似っぷりに一同爆笑)
a0033805_1412025.jpg

P:「この飯はうまいのう。」(<まだ言ってる。)

-New Orderで思い出したんですが、Sashaの新しい髪形、というか…どう思います?
P:(口を隠して首を横に振る)
-正直…今までもかなりギリギリ崖っぷちでしたよね?もしかして…あのアタマのほうが素なんですか?
P:(口を隠したまま…どうやらSashaに関しては本気でノーコメントらしい)
a0033805_142752.jpg
※問題の写真 photo from Resident Advisor
-Digweedの新しい髪型については? こないだの来日の時もこの話したけど…
P:あー、あの長い髪でしょ?あれ…ウッドペッカーーとかが出てくる
カートゥーンの犬(※たぶんドルーピーの事↓)だよ!(笑)
a0033805_1423062.gif


-今回何か秋葉原で買いたいものとかあります?PS3とか。在庫はどこにもないけど…
P:確かに友達には欲しがってる奴もいて、そういうオタク(Geek)な連中は
もうゲームやりだしたら何時間も止まらない!って感じだけど、
自分はそこまで好きじゃないからなあ。5分もやったらもういいや、ってなるから。
自分は別な種類のオタク…音楽オタクだからさ。
-それがDJですよね!というか…この場には同じオタクだらけですから(笑)

P:そういえば、何でか日本人の女の子達みんな、僕の事「Geek!」て呼ぶんだよ!
…イメージ変えないとなあ。
(myul注:すいません、たぶん半分くらい私のせいですw)

P:でもさ、"King of Geeks"は…
-誰ですか?
P:James Zabiela(断言)!
a0033805_26395.jpg

-…あー、やっぱり…。(↑こんなアイドルみたいな写真撮ってるのに。)

-じゃあ恒例の質問ですが…今upcomingなDJとかプロデューサーの名前を挙げてもらってもいいですか?

P:んー、Petterはやっぱりいいよね。あとはドイツのOliver Huntemannとか。
あとは…Sebastien Legerと、Stephan Bodzinと…それとPaul WoolfordとNic (Fanciulli)かな。
あ、Gabriel Ananda!たぶん彼は成功すると思うよ。
-同じくPryda friendsからリリースしてるHenric Bなんかはどうですか?
P:彼もいいよね。あとはGui BorattoとかJim Riversもいいよね。
Jimはすごくいい耳持ってるしね。

-では…そろそろYellow行きましょうか!

そうして鍋を平らげた一行は(平日の)夜の街へと消えていきましたとさ。

-----------------------------------------------------------------------

その後も色々と先取り情報などなどを教えてもらいましたが、
まだまだここでは発表できそにありませんw

でも一つ言えることは…とりあえずPaoloはまた近いうちに日本に来るよ!

参考リンク:Paolo Mojo Special Interview(風)
[PR]
by myulsoundsystem | 2007-01-05 02:09 | Club - Tokyo