from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

[part.1] 2006 NYE - Nic Fanciulli@Womb,12.31.2006-1.1.2007

WombのNew Year's Eve、すなわち大晦日…
それは世間一般のキッズにも広く開かれたお祭りでありつつ、
一年で最も過酷なクラビングである。
a0033805_22501341.jpg
photo from dontstayin.com
30分くらい並んだけど、運良くロッカーも1つ空いて、
フロアにはすんなり入れた…が…。
カウントダウンスポットとしてTokyo○週間とかに載ったのか?
身動きできない位人がびっちり詰まってる…。いつだかのSasha以上に…。
しかもハードなトライバルサウンド…。
あれ、Fanciulliってこんな音だっけ?

くるしいよー、そろそろ地味なハウスとかいこうよー!
と、ブース側を見上げた瞬間、いきなり地味なTechhouseに!!
…念通じたー!(笑)
(あとで聞いた話だと、実はこの時ちょうどFanciulliに交代したらしいw)

あと30分で年明けなんだけどもういい加減苦しかったので
さっさと年明けてくれと正直思っていた…。
そしてこれだけ祭モードなのに意外とアゲてこないFanciulli(笑)
大ヒットtune、Tiefshwarz - Damage (Buick Project mix)を挟み、
50分くらいからやっとアゲてきた。

うわー
うわー
うわー
はっぴーにゅーいやーーーーーー

…はい、明けた。(何の感慨もなし)

とにかくさっさとこの混雑を抜け出したくて動き始めたが、
今度は出る人、入ってくる人で、入り口近くはまさに、この世の地獄に。
Depeche modeの曲なんかかけててカッコイイのに何も気持ちが入らない。
何とか抜け出すも、全てのフロアがギュウギュウで、
なーーーーーーーーーんにも踊れない。
うろついたり、同様にさまよう『音も達』に新年の挨拶したり。
フロアの様子見に行ってはすぐ帰ってきたり。

そんな調子でテンションかなり低く過ごしつつ、
2時半くらいから多少すきまができてきて、
4時くらいにはいつもの「混んでるWomb」位の密度になったので
やっと音も達とも合流!

…ここからが、真のパーティの始まりだったのでございます…

おや…このフレーズは…
Paolo Mojo - 1983(Eric Priz remix)!!!
2006年の僕らのParty Anthem♪
聞きすぎる程聞いた曲ではあるけど、PaoloのトモダチでもあるNicがプレイすると
意味の大きさが違う!聞いてるこっちも実は思い入れが違う!(笑)

このへんから、ちゃんと音に入っていけるよになった。
前に踊ったときにも思ったけど、
基本、腰にグイっとくるグルーヴ感を作ってて、踊りやすいのだ。
あと、曲をすごく理解しやすくプレイする。
流れの中で、あるべき場所でその曲をプレイするから自然と入ってくる。
こういう正統派なスタイルって、ロングセットになるほど映えるんだよなあ。

『Fanciulli、シンプルにDJが上手いんだな…なんか、今後大バケするかも。
次回は、単独の長めセットとか期待しようっと。もっと本人の色が出そうな気がする。』
と自分で前回メルボルンで行ったギグのレポに書いてた通りのDJだった。しかも期待、丸ごと実現してる~

そして、祭りなのに一向に"Wombマジック"が発動しない♪
いい意味で、フツウのパーティのペースでやってる。
Luke Fairの日にNicが遊びに来てるのを見た人もいると思うけど、
きっとあのSなプレイっぷりでいいイメトレが出来たんじゃないかな(と勝手に妄想)

フツウにやっててもこっちはフツウじゃなく楽しかったので、
とうとう曲に合わせて唄いだしたりして…(トランスの客かよーw)
アホだったね。みんなBeautiful踊る阿呆peopleだった。

続く…。
[PR]
by myulsoundsystem | 2007-01-10 23:05 | Club - Tokyo