from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

カテゴリ:Club - Tokyo( 32 )

ハイ。本日の予定は
WOMB presents DESYN MASIELLOです☆

Higher frequencyから、DesynのDJ mixが聴けます♪
以前の投稿で書いた、Omid 16Bのboot盤にも近いテイストの、
ディープでテックでファンクでおデスコなオリジナルワールドが広がっております。
フィルターっぷりが辛抱たまらんっ。

さて、今日はどう出ますやら…楽しみ☆

本日は同居人ednaがIbiza PACHAのさくらんぼTシャツを着て踊ってますので、
その近くにいます。どうぞお気軽に声かけて下さいね。日本語で(笑)
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-03-05 19:02 | Club - Tokyo

Layo&Bushwacka!@Womb,05.02.26

Layo&Bushwacka!行ってきましたよ♪

とはいえ、前日のInfusionショック☆があまりにも大きくて、
テンション上がり過ぎのまま、金曜の夜から一睡もせず土曜日を迎えてしまいました。
…どこまで脳みそ単純なんでしょうか、私。

朝10時から英会話クラスの振り替え授業。
ハイテンションなイギリス人の先生と、
聞き慣れないQueen's Englishに頭がぐるっぐるになり
(しかもその先生が「トトロ好き!」とか言うもんだからもう笑い止まらないし)、
さらに昼からはWorking Holidayのオリエンテーションがあって、
Sydneyから来てたAlexなる青年から、これ以上ないというほど丁寧に、
「夜遊び交通機関の選び方 in Sydney」「夜にお酒の飲める場所」
「オーストラリアタバコ事情」「オーストラリアコンビニ事情」
などを教えてもらいました。
ちなみにmyulは一言も「夜遊び好き♪」とか言ってませんよ。
「音楽とアートに興味があるからMelborneに行くの」と言っただけです。
見た目から何かがバレてたんでしょうか…。そのへんどうなんですか?Alex。

23時からウォームアップ無しで2人(のどっちか)が回すとの事で、
ちょっとボケボケしてて1時過ぎにWombに到着してみると、フロアはもう人だらけ。
しかも外国の方、いつもより3割増し!
平均身長デカすぎて、myulには前が見えません。
めずらしくフロアのブースで余計混んでるし…。
「今どっち?」と思わず同居人ednaに確認しましたよ。

Layoのほうが先に回してて、Tribalめ、Rockin'めのカッコよろしい選曲で
すっかりKnock out☆
音の広がりが、Wombの天井でも間に合ってないくらいで、
かなり大箱映えしそうなスタイルだなあという印象を受けました。
しかしさすがに途中、寝てないためにふらふらになってしまい、一時ダウン…

CHABLE&BONNICIのride(King Unique Remix)だの、
Nirvanaのrmxだの(曲名忘れ)、
もうドッカンどかん盛り上がってるのに、myul、2Fラウンジで睡眠と覚醒の間。

しばし無意識の時間の後、フロアに戻ってみるとBushwackaにチェンジしてて、
ややコマーシャルともとれる選曲に…Massive tune 多めでフロアが揺れる揺れる。
そんな中、同居人ednaに異変が…。

なんか急に呆然とした顔をして立ってるので、
ステキなおにい様からお尻にタッチでもされたのかと思って(笑)
「どうしたの?」と聞いたら、
「…なんかどっかの外国人に急に腕つかまれて"Hey! Where is your student?"
 って聞かれて、その後俺の顔じっと見て"Oh! Sorry!"って…」
…edna、英会話教室かなんかの講師と間違われてるでやんの…。笑ったよ、悪いけど。

そして"Love Story"来たっ☆
本当に待ってました!な人もいっぱいいたようで、
場の空気がふわあっと上がっていくような暖かいテンションに包まれる。
…良い曲だわー。

New mixだったらもっと嬉しかったんだけどなあ…。

その後もちょっとお馴染み系の曲が続き、
…ちょっと???な感じかなあ。

リベンジは果たせましたが、微妙に…

いや、Miamiで再会してから言いましょう。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-03-04 07:03 | Club - Tokyo

明日はLayo & Bushwacka!

myulの「リベンジ」シリーズも残すところあと少し!
Layo & Bushwacka!です。

明日はWombに参りますよー!
大体あんな感じ(myulアバター)っぽい奴がフロアにいますので、
良かったら「お前、ミュルだろ!」って声かけてやって下さいな♪

基本的にモジ子ですが、酒入ってる時は大丈夫なんで(笑)
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-02-26 02:55 | Club - Tokyo

思った以上に16B♪

先日、某所でOMID 16BのRadio showの
収録されたboot盤らしいCDを入手したのですが、
これがまた素敵な出来で…♪
tracklistを探してますが、見つからず。

OMID 16Bといえば、去年AirでJohn Creamerとのeventがあって、
遅めに行ったので30分くらいしか聴けませんでした。
John Creamerが相当アゲてて、随分楽しいeventだったんですが、
もうちょっと16Bのプレイ見たかったなあ…。

The Idiotsでの今後の活動も気になるところです。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-02-24 03:53 | Club - Tokyo
なんだか随分寒いっ。
歩いてすぐ近く、WombのCattaneoに想いを馳せつつ…
11時半にageha行きのバス乗り場に。
が、係の人に12時半まで来ないと言われ。こんな気温でバス待ってたら死亡必至なので、そこから猛ダッシュで地下鉄まで移動。
終電の恐怖におびえながら乗り継ぎ、何とか12時にはagehaに到着しました。

嬉しいことに、財布に入れっぱなしだったInvitationが使えたよ。
(教えていただいてたのに忘れてたんで…)
おお、これは何だかいきなりいい予感がっ☆

今日はどうやら放送席(上のほうのDJブースなんで勝手にこう呼んでる。Wombの2Fも同様)のよう。
最近のLaurent Garnier とかTimo Maasの時同様、フロアのブースをちょっと期待してたんだけど、逆に言えば動員がそれだけ見込めてるって事か。

あちらこちらのフロアを回って踊りつつ、外のフードブースで鍋食べたり、
TENTでのRaggaeに魂(ライター)を燃やしたりして、ウォーミングアップ。
だってHolden3時からですもの。年末みたいにスタミナ切れする訳にはいきません。

2時過ぎにアリーナに戻ると、
MAARさんの大アゲプレイの中、かなりの人数ですでに盛り上がり!
でも前のほうにはまだ余裕があったので、そこらへんにずずっと進んでいって、
居場所確保♪
3時が近付くにつれて、後ろから前に次々と人が出てきて嬉しい。
あなた達もHolden好き?みたいな気持ちになってきて、自然と表情が緩んでくる。

ブースにゆらっと人影が現れた。Holden!!
いきなり、壮絶な攻めまくりセットがスタート。
トレードマークの奇っ怪な電子音がagehaの空間にどんどん広がっていく。
しかも予想以上にbass音が出てて、ヘンタイtechな曲はもちろん、レコで聴いてる分にはアンビエントな印象だったような曲までもが、
豹変して襲いかかってくるような感じ。

やばい。壊れる。絶対壊れる。曲の勢いが引きになる様子がない。
なんかぽわーんとしたような曲をかけて、どこかで1回落とすかなあと踏んでたのですが、全然ハズレ。
「ここで足を止めたら次は動けない」という状態に陥るまで何と早かったことか。

やっぱりオカシイよHolden。…本気で最高。

さすがに途中離脱して、水2本一気飲み。ちょっと休んで(曲が曲で、休んでられない感じで!)また踊る。訳がわからなくなってくる。
気付いたら一旦終了、歓声があがった。

そのまま、フロアもだいぶ疲れてる中でOne more call。
ちょっと懐かしいFisherspoonerの"Emarge"新しいremix。Holden remixかな?
疲れも少々ふきとんだ…気が。
誰も彼もふらふらの状態で、またもOne more call。
そこで何とNathan Fakeの"overdraft"…こらっ、この状態じゃ踊れないっ(笑)。

agehaはやっぱりサイズが大きいからなのか、「○○がagehaでplay」という印象を受けることが多いんだけど、間違いなくこの日はagehaがHolden色に染まってたと思います。

帰りに橋の上から見た朝日、見とれるほど"KIREI"でした。
次はMiamiでヤバい世界見せてねっ☆
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-02-08 02:08 | Club - Tokyo
迷いに迷って、James Holden@ageha参りますっ。
行く方、一緒に楽しみましょう!

Wombに行く方々、楽しんできてくださいね〜!
Hernan CattaneoはMiamiまでおあずけ…myulでした。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-02-05 17:50 | Club - Tokyo
myulです。社会人最後の日でした。今やex-graphic designerのフリーター。
何がフリーだアルバイター(グループ魂「就職しやがれ」歌詞より)。
秋から進めてた話なんで今さらですがねー…実際辞めるとなんか落ち着かないです。

まあ今後やりたい事も見えてきたし、「音、なんでも」はこれからもフリースタイルで暴走していこうと思います。よろしくお願いします(特にMelborne情報求ム!)。
明日職安行こうと思ったのに、社長ってば呑気だから書類揃ってないよ(泣)。

さて、先週末もふらふらと渋谷に行ってレコード物色してきました。
"safari" James Holden remix、もうアタマオカシイよ!!ヘンタイっ!最高♪♪
ますます5日どうしようか迷うじゃないっ。身体が2つ欲しいってまさに今よ…。
私、受験の時もここまで悩まなかった。

で。
皆さんどうですか、kosmas epsilonは?
"wooden sword"(kosmas epsilon remix)、家で聴いてたら3秒くらい失神!
…あぶないです、本気でっ。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-02-01 03:21 | Club - Tokyo
MUTINY pres YADA YADA KICK OFF PARTYに行ってきました♪
MUTINYがWOMBでレジデントスタート??というのも意外な話ですが、考えてみたら本拠地から離れた国でレジデント持ってるDJなんて結構いるわけで、東京のシーンで珍しいだけなんだよねえ…(それにしても東京は遠いだろうに)。
ex.JUDY and MARYのYUKIちゃんの新曲"JOY"のリミックスも手掛けてる位だから、日本のドメスティックな音楽シーンにも食い込んでこうという事なんでしょうか??

アタマっからTech Ridersもがっちりとばしてて、早いうちからフロアが人で埋まってました。もうその時点で相当盛り上がり。そしてMONDO GROSSOの登場。しみじみ集客力すごい。すでに人が多かったのにうしろからどんどん人が入ってくるわくるわで大変(MUTINY側も、KICK OFFのゲストとしては最高だったのでは?)。
MONDO GROSSOといえば、オシャレでFMフレンドリーなhouseトラックメーカーの印象があるんですが。以前非常にコマーシャルなイベントで回してたときは、ごく抑えめのトラック選びで、BoAちゃんの"Everything Needs Love"がどピークタイムにストレートにドロップ→フロア大喜び!最後にもう1回同じ曲でシメ!→フロアさらに大喜び!みたいな感じだったので、正直「……」だったんですが…。
(あ、別に曲が苦手な訳じゃないですよ。むしろ好きです。特にfeat. UAの「光」なんて大好きでもう。新人の信近エリちゃんも、唄声がすごくハウシーで良いよ。)

でもこれは、どうも様子が違う。なんかこうカオティックな…これはヤバいっ!!
…myul崩壊。会社帰りでヒールだったのにジャンプしたし。楽しかった。
プロデューサーサイドを「仏」とすれば、これは「鬼」サイド…。
メタルですか?みたいなトラックもあったり、前出の"Everything Needs Love"の非常事態級にぶち壊れたremixありで、まさに鬼気迫るプレイ。もう一気に印象覆りました。いままで誤解しててゴメンナサイ、です。これからは「仏」「鬼」両方で注目してきたいと思いマス。

妙に密度の濃い時間が過ぎ、遂にMUTINY登場。2人の身長の差がなんかナインティナイン風ですよ(笑)。去年SASHAのイベント中止で来てた時とか、2回くらい機会があったんだけど、どちらも残業で行けなかったので、Deep Dishに続きまたもリベンジ果たしました。さっきまでのカオスとはうって変わって、明るい雰囲気ながら強力なパーティーチューンが次々と出て来て楽しい♪UNDERWATER色なんですかね?
…はいいんだけど、何故かmyulの周りが決まって団体さんの通り道になっちゃって、あちらこちらに翻弄されまくって、無駄に疲れてしまいました。
あのー。私、中央分離帯とか三角コーンとかじゃないんですけど…。

休憩はさみつつ、最後まで楽しく盛り上がっていいパーティでしたよー。
最後のほうの曲、ちょっとヘンで良かったなー。sexyオネエサンの画像もー(笑)。
次のYADA YADAも期待大ですね(日本に居る間なら行こうっと)。

Mix the Vibe: Street King
MONDO GROSSO aka 大沢伸一の、割と「鬼」サイドのmixCDです。
ジャケがすでにそんな感じ(笑)。

Yada Yada
MUTINYのアルバムです。ヤダヤダとは「あーだこーだ」位の意味だそう。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-01-31 03:34 | Club - Tokyo

Desyn Masiello来日♪

すでにいろんなところでアナウンスされてますが、朗報朗報♪
Desyn Masiello@Womb,03.05です!!やったー!!

'03のWombでのplayは、Deep Dishのレーベル、Yoshitoshiから出した"Yoshitoshi Artists: In House We Trust vol.3"のツアーで、Luke Fairと一緒だったんですが、いきなりdeepもdeep、deep tasteな展開でしたよー。意表つきまくりっ。
'03はCattaneoも何故かそうだったんだけど。Wombって一見そんな感じなの?
アフターの4Fでのラウンジセットも良かったです♪ 力尽きるまで踊って。最高っ。

彼のレーベル、Alternative Routeといえば、あの目玉キャラのAlternative Route君(と勝手に呼んでます)が目印の、あのChable & Bonnici "Ride"をはじめ、いつもステキな曲満載のレーベル。John Creamer & Stephan K、DJ Vibeなど大好きな方々が出してるし、絶対外せないのです。(サイト更新止まってるようですが、James Zabielaのコメントが凄く直球…。ちょっと直球すぎだってば!)
Omid 16b, Leon RobertsとのThe Idiotsも好きだなあ(ネーミングと音が。)。こっちはもう一つのレーベル、Sexonwaxから出してます。Danny Howellsのmix CD、 24:7にもSexonwaxからの曲が収録されてるよ。

そういうわけで、よほどの事が無い限り、3月5日はwombに居ると思います。

音も良いけど見た目もステキ♪(←いつもこんな事ばかり言ってないか、私…)なDesyn Masielloの最新mix CDはコチラ。
Desyn Masiello OS_0.1
OSは "Bedrock Original Series"の略(RenaissanceのMaster seriesに対抗してるとかしてないとか)です。これ誰〜??な曲が多めですが、そこは名A&RたるDesynの耳をTrustして間違いない逸品です。夜聴くと、とっても安らかに眠れます。あんまり気持ち良くて(「音、なんでも」的に実験済み)。インソムニアな貴方へ。

ついでにこちらもチェック。3/29日発売。予約できるようになってました。
Global Underground: Miami
Danny Howells
GUシリーズ最新作はMiamiが舞台!MWMC終わった後のリリース(時期的にオイシイですね)。期待大です。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-01-27 04:54 | Club - Tokyo

Derrick Carter@Yellow

なんだか順調に訪問者数も増えてるようで嬉しい「音、なんでも」です。

週末、土曜日はひさしぶりにYellowに行ってきました〜。
Derrick Carter、もっのすごく良かったです!!

Choice: A Collection of Classicsのセレクションを一晩で一気に再現するという、タイムマシーンのような企画。
酒よし、タバコよし、踊ってよしの歴史の授業というか(笑)。
「なんでもききたい。」割に、抜けてるところが多いmyulには有り難い。

「往年のファン(「古いの聴きたい!」「新しいのいらなーい!」)みたいのばかり集まってたらどーしよう…」と、Yellowに入る前は少々不安を覚えたけど、入ってみたら、そんなものはただの杞憂で。
純粋に、本当楽しいなっていう、すっごくいい空気が満ちてたよ。

楽曲自体にも聴き入ってしまう部分が多くて、当時のミュージシャンにただただ感服。技術が限られてる中で、よくまあこんなアイデアを!というようなものが、サウンドにも、構成にもたくさんありました。これからの音楽に活かせそうなアイデアがいっぱいで。栄養をたっぷりもらって来た感じ。

時代はともあれ、スタイルはともあれ、グルーヴィーな世界にひたって踊るのはやっぱり気持ちいいんだというのがよくわかった。
楽しいと完全に陶酔しちゃって、何時間でも踊っていられる気がする。
(従って、楽しい程顔がヤバくなってしまうというのがジレンマなんだな。)

知らない人と盛り上がったりとか、休憩してたら飲み物分けてもらったりとか、なかなか普段の生活には無いことだと思う。すくなくてもmyulの日常には無いわ(笑)。

先生〜! これがダンスミュージックの心髄ですか?
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-01-18 03:52 | Club - Tokyo