from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

カテゴリ:Club - Melbourne( 63 )

夏時間ことDaylight saving timeで、夜7時半でも明るくて楽しくなります。
というわけで、日本との時差が+2時間になりました。

昨日は、先日メルボルンに着いたばかりのHisa君と会って、
音の話をしながらPho(フォー:ベトナム麺ね)とか食べて、laungeでお茶して、
常日頃から敬愛するJohn Digweedの単独アリーナ公演に、半ば強制参加を要請(笑)。

会場のQBHはWombを横長にして1.5倍にしたような感じ。
レーザーとかもフルインストールされてるし、ミラーボールでかいし。
1Fと3Fにサブフロアがあって、3Fは壁がガラス張りになっていて、
アリーナのレーザーが見下ろせる感じがまさにWomb。
初めて来たのにちょっと懐かしいぞ!
アリーナは4階まで吹き抜けているので気持ちいいし!
いわゆるageha系「体育館」っぽい音。

サブフロアを探してうろうろしてたら、突然誰かに腕をつかまれた。
え?何事?と一瞬本気で焦るも、わ、例のロン毛担当の兄さん?!何でいるの?
とっくに北南米ツアーに出たもんだと思ってたのに、ハロウィン以上のtrickぶりだわ!
「まさかいると思わなかったよ!」って言ったら、
「(myulは)いると思ってたよ!」あ、思いっきり見透かされてました。
一体、どれほど音バカな人間として記憶されているのか心配です。

Gavin Keitelがガッツリ回し始めたので、早速フロアに踊り出る。
すっかりサウンドで分かるようになってしまった…www
今回はウォームアップとはいえ長めだったので、魅力120%発揮でした。
落としてはぁ~アゲ、落としてはぁ~アゲと、大きい波に乗っているようなプレイ。
広いフロアに広がる音と、自由に戯れながら踊る感じがとても楽しい。
いつも動かないGavin Keitelもちょっとブースで小踊ってて、何か調子よさそうだった。

VJの画面に"John Digweed the wait is over"との文字が!
まってました!

---------------------------------
是非聞いて!
Gavin Keitel - UK Promo June 2005 (1hrs)
---------------------------------
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-11-02 00:11 | Club - Melbourne
心なき「愛」(爆) 
a0033805_15385383.jpg

あ、友達だったんだ…みたいな意味ですかね。メルの裏原、Prahranの一角にて。

昨日はMr."Melburn"、Luke Chableの凱旋パーティでした。よく考えたら初Chable。
チャイナタウンから裏に入ったとこにあるAltitude、こちらも今回が初。
せまいYellow、もしくはせまい旧liquidroomみたいなとこ。
メルのクラブって基本的に小さいなあ。

入ったときには、先日東京でもプレイしてたSteve Mayが回してた。
今月初めにArthur's で回してたときよりはソリッドな感じで、
後半はドリーミィレイヤーサウンドでまずまずトリップできました。
しかしこの手の音、個人的にはもう少々古く聞こえてしまうのよねー…

休憩してるうちにChable登場。
お?? 想像よりもエレクトロ中心でガツガツとアゲながら、ちゃんと「場」ができてる~
ネットにおちてるpromo Mixよりいい。
エレクトロにBreaksもはさみつつ、のメルボルンスタイル。
Freelandの"Heel 'N' Toe"(たぶんAdam Freeland Remix)とか、
ネタではなく、うかつにちょこっとヒールのあるとんがり靴で来ていたにも関わらず
超踊ったのでつま先が痛~。これはMarine Paradeのスニーカーで踊れということなんですか。

途中からBPMの加熱が進んで、ちょっと引いて戻ってみたら
きました!Pryda "Aftermath"。
わーいっ!って…私、(たぶん)Steve May、あと一人だけがやったら盛り上がってしまってるよ…
BPMアゲめのこともあり、今までに無く凶悪な印象のAftermathです。
あとは"These days (Chable remix)" きたー♪
盛り上がるかと思いきや、今度は、(たぶん)Steve Mayと私だけかよ、盛り上がってるのw
しかし好きだなーこれ…。ずらして入る、すっぱぁあーん!っていうエフェクトとか。
目が醒める感じだわ。

Chableは12月に予定されてるSashaのアリーナイベントでサポートが決まってるそうです。
まさに、「故郷に錦を飾る」って感じね♪
それ以上にLostep(Phil K & Chable)のライブがないか待ち遠しいのですが…。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-29 17:10 | Club - Melbourne
結局1時間押しで始まったGavin Keitel。2時間の予定が1時間半になってた。
Infusionの後にILLなRockin' electro中心で真っ向から勝負かけてたからね~!
そのいさぎよさ、格好良過ぎ。この辺の派手な側面はmixには入ってないんだよね…。

ガラス瓶があちこちで割れてて、スニーカーをも貫通しかねない勢いだったので、
心置きなくは踊れなかったけど、座って聴いててもとても楽しかった。
(そして又、男子一人に「Godskitchenで踊ってなかった?」と聞かれる。
 …私、あの体育館でそんな目立ってたのか?)

だいたい2~3週に1度くらいの割合でプレイ聴いてるから、使う曲はある程度被るんだけど
一度として同じような構成になったことがないってのは、何かすごい事なんじゃないかと思う…。

さてこの日初めて! 直接話してきましたよ~
「myulです~!ステキなMix送ってもらってありがとうございます!」
「いやもうそんな。当然だから!で、CDとMP3あれで大丈夫だった?友達に送ってみた?」
わー!開口一番、例のコマメ話ですか!the 几帳面だわ!

「で、アジアツアーのほうはどうなってます?」
「まだ色々プロモーターと話しなきゃいけないけど、日程決まったらメールするよ!
 今度のSunnyは来る?」
「ええもう絶対。だってPhil Kじゃないですか!東京でも会ったんで是非またと思ってて」
「わかった!本当、会えて良かったよ。じゃ土曜のSunnyでまた!」

いっつも下向き気味で特に目立ったアクションもないので、
あんまり表情とかわからなかったけど、HPのトップの写真まんまな穏やかな笑顔でさー。
むしろ舞台上のLive機材撤収用の赤い照明のほうが目立ってる中で、
(Jamieシールド巻きまくりでした。)
フロアもガラガラで不憫だったけど、そんな中でも笑顔で対応してくれた事に感謝!

うわー、本当、いいパーティだったー♪ 感謝!

※あ、ビールかけられ記録も自己ベスト更新しましたが、
 酒おごられ記録のほうもWでベスト更新しました。 ビール飲みすぎ。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-23 23:36 | Club - Melbourne
遂に届きましたぁ~♪ 今週はアタマからHappyです。
『Melbourne undergroundシーンの真打ち』<コレどっかで使ってください。こと、
Gavin Keitel(読みはギャビン・カイテル)のプロモMix2種です☆
日本では1月予定のアジアツアーに向けて今後もサポートしまーす!

とりあえず、German techhouseとかClick、Border communityなど好きな人は今DL。
そうじゃない人も、聴かず嫌い禁止ですよ。

Gavin Keitel - JJJ Mix Up (3hrs)>こちらはとても重いので希望者があったら送ります。
Gavin Keitel - UK Promo June 2005 (1hrs)

内容はこちらののラジオ局、triple Jで8月のはじめにオンエアされた3hrs mixのオリジナル音源と、
UK promo(webradioでオンエアされたと思う)とクレジットされた1hr mixの2つです!!
しかもですよ!「mp3にして日本の友達に配っていいですか?」ってメールに書いたら、
1hr mixのほう、CD版とmp3版の2種送ってくれたー! こっちで変換できるのに~。
DJプレイ同様、こまめな人柄がうかがえました。Thanks a lot☆

EQ greyから出ている“Balance electric_01”は、
DJ magazinでも「まさにelectro musicの未来系!」とレビューされてました。
こちらはHouseからtech、electroまで幅広く押さえた感じのやや渋めの仕上がりですが、
フロアの印象としては今回お届けするmixのほうが近いかと。

3hrs mixのほうは、個人的にBest gigだったArthur'sでのセットとも印象が似てて、
できれば踊りながら聴いてみてほしい!
Gavin Keitelの、フロアを踊らせるDJとしての力量がすごく判ると思います。
こういう上手いDJがいるから、コアなelectroセットでもフロアで楽しく踊れるんだなあ。

kiss fm(100じゃなくてメルボルンのローカルFM局ね)で、
毎週火曜夜8:30~10:00(日本時間)にRadio showもやってます。
※11月からはdaylight saving timeが始まるので日本時間7:30~9:00になります。
こちらはライブストリーミングで聴けるので是非~!
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-18 12:43 | Club - Melbourne
a0033805_20273571.gif

昨日服屋で見た"I (ハートマーク)Melbourne" Tシャツを買おうか本気で迷ってます。
で、BBC radio1を聞きながらメル夜遊び備忘録改定。

Elite Forceはやっぱり21日になっちゃったので、行けなくなりました。
Infusionとかぶったので、無理です。不可能です。
breaksは、まだあんまり日本では聞けないから、いるうちに積極的に吸収したいんだけど。

翌日22nd Oct : King Unique@OneLove
Live機材を全部2台のlaptopに載せ変えての"Decks & Fx"showとのこと
今週のクラブ系freepaper2誌共、表紙をジャックしてて、とっても楽しみです。
前日にテンション上がりすげて動けなくなってなきゃいいんだけど…。

そして
28th Oct : the return of Luke Chable @ altitude
ついにきましたねー。Mr. Melburn。
先日はこちらで、そして21日には、東京のCube326でDJ19とplayするSteve Mayも一緒です。

あー…DJ VIBE先生~、お元気ですか~!(泣) いろいろあるけど私は元気です。
今うっかりこの文を読んだ首都圏の方は、今夜はsession@Wombに行ってください。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-15 20:30 | Club - Melbourne

そして後日談

・ほぼ最前列でNick Warrenにロックされてたら、「ねえ? Superpitcher行った?」って、Honkytonksでちょっと話した女の子に再会☆…フェスなのに、なんだこの狭さはw

・がっつり踊ってたアジアンクラバーズ!キミ達普段はどこのクラブにいるのよ~。

・たぶん会場で、行ってた語学学校の学生証無くした。学生料金で映画見れなくなる…泣

・街中に14th Oct : Elite forceってポスター貼ってあるのに、本人達のwebsite曰く
21stですと(14thはシドニーでやるって書いてる)…どっちなんだ?
21stじゃInfusionと被るから行けないよ~!my最優先事項だから。もう~!!!
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-10 14:04 | Club - Melbourne

Godskitchen(3)Nick Warren

『Mr.GU』、Nick Warren♪

彼のセットは何年ぶりだろう…本当にクラブで遊び始めたときにWombで踊って以来だ。
当時はその後、やれコマーシャルすぎだとか色々と某chで叩かれてるのを見たけど、
私はとても楽しかったのを覚えてる。
でも、今聴いたらどうなんだろうと、正直、大きく期待はしてなかった…が。ですよ。

hybridのセットはいわば窒息しそうだったんだけど、なんだこの違いは???
タイトな4つ打ちが絶え間なく押し寄せるんだけど、
ちゃんと息ができる=気持ちよく音に入っていって踊れる感じ。

確かにフェス向けの、トランシーすぎません?なトラックが沢山だったんだけど。
普段は本当そういうのはウンザリなんだけど。

DJがうまいってこういうことなんだろうか?
そういうtrackだろうが、German techhouseっぽいのだろうと、tribalだろうと、
全部がNick Warrenの色で出てきてひとつになっている。
若手だとDesyn Masielloぐらいかなあ…この域に迫ってるの。私の偏見ですが。

バンドやってたときによく言ってた言い回しなんだけど、スピーカーから風が吹いてた。
おんなじ事やってるのにあの人がやると風が吹く!っていうw

やっぱりNick Warren、かっこいいぜ。
あの日の私はちゃんと判ってたんだ。基本をきっちりやってこそのかっこよさなんだろう。
うわー白いご飯美味しい!みたいな。
バックスピンかけたり、エフェクト使ったりみたいな今スタイルのmixもとりいれて、
その辺の「常に進化すること」っていう重要な部分もしっかり守っている。

ついつい、いつもマニアックなほうへ走っていく私ですが、基本を(自分にとっての基本もね)
再確認できた、とても有意義で、楽しい踊り時間だった。
フェスってものの性質上、あんまりまだ色々聴いてない若人もいっぱいだったと思うんだけど、
あの場を楽しめたそういう子はとてもラッキーだったと思う。
Nick Warren本人も楽しそうでしたよ~。ああいうの見るとこっちもとても嬉しい。

クロージングはまたHybridの無地Tが。
シメのtuneはPetter - These days(Chable remix)。
もう、どこまでサービス精神旺盛なんだ(笑)。
しかし、アリーナで聴いてもやっぱりこのtune、いいわ~。
この週末だけで2these daysだよ!

いや~、とても踊った。ノンアルコール、水2本でよく踊った。
クラブジャンキー的にはともあれ、踊り子としては満足!
クラブ祭シーズンの第一週としてはいい幕開けだ。

一人でにやけながら、朝のヤラ河を見ながら帰りました。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-10 01:38 | Club - Melbourne

Godskitchen(2) Hybrid

hybrid登場。曲は知ってるけどDJセット聴くのは初めてだ。
フリーペーパーとかにも「Melbourne Favourite」って書かれてただけあって、
やはり人気があるらしく、一気に人が集まった。
いかにもメルボルンの客層の好みを把握してんだろうな~というような
テンションの高いelectro/breaks中心のセット。
ブースからのアクションも大きいし、フェスに重宝されるタイプのスタイルなんだな。
"welcome to Global Underground! It' s Higher ground!"とか言ってた。

Tシャツが無地のほうのプレイはなかなか。アゲっぱなしだけど選曲のセンスは好きだった。
もう一人(Tシャツに模様があるほう)はちょっとコマーシャルかなあ。
どっちが誰なのかわからず申し訳ない。無地のほうが気持ち背高めだった気もする。

どちらも序盤からPhil K & Habersham - cloudbreak(調べてみたけどOliver Moldan Remixじゃないかと…)とか、Infusion - The Careless Kind (Infusion's Acid Dub)とか、いやそれはちょっとサービス過剰だろうと(笑)

模様Tが、たまに聴くなんかblurの古い曲みたいな("song2"じゃないけど)いかにも~な曲をplayした後は、ハイ、もうメジャーどころplayしたからいいでしょ?
とばかりにまた無地Tが出てきて、ガシガシとエレクトロをplay。
…その姿勢はステキだと思いました。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-10 01:14 | Club - Melbourne

Godskitchen(1) Luke Fair

待たされる事もなく会場入るなり、カラフルなレイヴァーの方々で溢れてました。
とりあえずGlobalUndegroundの場所を探す。
メインのアリーナは当然トランス仕様で、ほかはAgehaのアリーナをひとまわり小さくしたような
体育館部屋が3つ並んでる一番奥がGUでした。

入ったらいきなりLuke Fairのおデスコサウンド♪文字通り踊り出る私。が…うわ、人、居なっ。
その辺にいっぱい座ってるしさ…ぼーっと立ってるだけの人も多数。
踊る人としてはこれ一番悲しいんだよ。

私含めて10人強ぐらいは前で踊ってたけど、照明もロクにインストールされてない。
セット終了20分前くらいにやっとフルインストールされてた…。
OS_0.3の素晴らしさを考えたら、これはいくらなんでも扱い酷くないか?
Luke~!後ろの人達は気にしないで~!!!って心でDJブースに叫んでたよ!

彼なりにフェスを意識してなのか、80'S感のあるアゲめのvocal tuneが多かったけど、
決してイージーなセットではなかったし(多分に新曲多数)特に後半の雰囲気は良かった。
某布袋氏の"poison"のようなベースラインの曲(笑)とかな。
ま、でもな~…あの状況じゃフルスロットルとはいかないでしょ。

CDだけじゃなく、5月にUnitでplayした時は本当ヤバかったので、
やっぱり本人があんまりフェスを好まない部分はあると思う(予想はしてたんだけどね)。
また次に期待♪ 今度はまたおデスコに理解あるフロアで踊り倒したい!!!

Samurai FMのセットはステキすぎ♪サディスティックエロディスコをお楽しみあれ!*
(feature Archiveから聴けます)
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-10 00:22 | Club - Melbourne

Steve May @Arthur's

まずは金曜日!
ここ何度もGuestlist only で締め出しくらってたArthur's でしたが、
雨降りのせいなのか、思いっきり"Open day"でした(Steve Mayだけに)。
久々に入ったがやっぱりここはとても雰囲気がフレンドリーでいいし、
音も小箱の割に冴えてるし、お酒も美味しい♪

inした時にはちょうどSteve Mayがプレイしてて、
Chable, May関係のドリーミィ系トラックと、あとはthat's Melbourne!なエレクトロを織り交ぜてました。やっぱりどちらかっていうとクリエイター寄りなんだな…。
曲と曲の印象が細切れてしまう感じ…。

Petter - These days (chable remix)をやっとハコで聴けたのはとても良かった。
Chableのremix work的にはPQM- you are sleeping級のAnthemになりそうですね。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-09 17:13 | Club - Melbourne