from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

カテゴリ:雑談( 39 )

Hort !

a0033805_20564348.jpg

HORT
Computer Artsに載っててカッコイイなーと思ったデザイナーユニット。ドイツ~☆

今サイトみたら、クラブうけも納得…普通にジャケの仕事してた…。
これが最近出た本。DJ T.のboogie playgroundもこの人達でした~!
ゲルマン魂熱いなー。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-14 20:58 | 雑談
久々に自分の(本来の)お仕事関係の話!
久々に見たカッコイイ雑誌!

Computer arts

UKの雑誌のようですが、日本でも売ってるのだろうか…?
どうもこのテのPC系デザイン雑誌は、テクニックのtipsだらけで
かっこ悪いものも多く見てしまうのですが、これはいい~☆
クラブっこウケしそうなデザインがいっぱいです。

サイトのほうもなかなか面白いチュートリアルがあったりして楽しい。

姉妹誌の Computer arts projectも面白い☆
中の特集で紹介されてたFontshopというサイトの"I am Fontshop"
フォントのイメージを人の顔の写真で表現してみよう!という企画。
これはArial faux boldさん。coolです。
a0033805_19512722.jpg

ちょっと松ちゃんの笑いを彷彿とさせるような企画ですがw
モリサワとかでやってくれないかなー、これの日本版…。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-10-14 19:51 | 雑談

書道はじめました

マイミクのrucy(流獅)さんに影響されてみました。
きっと「AUSまで来て何してるんだろう」という自分ツッコミが入れたかったんだと思います。

特選
a0033805_1335529.jpg

シブ打ち。やはり書と渋さはしっくりきます。


a0033805_136102.jpg

鰹だし。最近、日本の味ってコレだけなんじゃないかと思った。醤油とか他国と被ってるし。


a0033805_13141214.jpg

にわかPCユーザなので。右クリックで"対象をファイルに保存"は便利だなとか今更。

特殊
a0033805_1394074.jpg

Bedrock。英国産とはいえ、やっぱり渋いものとは相性がいいということがわかります。

お絵かき帳的なものに水彩の筆で黒いアクリル絵の具で書きました。

筆で文字書くときの精神の集中っぷりは中々オツなもんです。
アジアかぶれの海外セレブは、ヨガとかZENとか言う前に書道を始めるべきだ、と思った。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-09-29 13:25 | 雑談

"Last Days" 見てきました。

コアな監督の作品って、日本では半分忘れた頃にようやく公開なんだけど、
英語圏の作品に限って言えば、「作るらしい」「作ってる」から
「公開」までのタームが短いのは、英語圏暮らしの特権ですね。
逆にユーロとか南米とかあの辺の面白いのは、日本より遅いし、何なら見れない。

だから"Last Days"も「あれ、もう出来てたんだ!早!」だったな。
ので本日思い立って見てきました。

Gus Van Santが懐かしのNirvanaのKurt Cobainについて映画作るってきいた時から
どうなることやら心配してたんですが、
ある意味では不安的中で、ある意味では感服でした。

未知の部分を推測で作ってるという作品の性質上、
人名とか設定はフィクションにしてあるんだけど、もうまんまです。
Micheal Pittの迫真のダルダル演技も一役かってます。
1994年のある日を現場で覗き見ているような、皮膚感覚のある映画でした。

さて。
憂鬱でいることがスタイルだった、というか、
結果として「スタイル化」されてしまった時代があった、という事
でももうそれは過去の話、もう終った事なのだ。という事

もう過去の幻影を追う時ではない。
そんなところでしょうか。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-09-07 22:38 | 雑談

Respect 一遍上人!

Big up for 一遍上人

すごいよ踊念仏。
歩き、踊り、配り、称える。
全国ツアーしてるしさ。

…私はフロアの力というものを信じたいんだなあと、今日考えごとしててしみじみ思った。

本日出勤断念…
明日皿と米洗って余力があったらちょっと遊びに行こう。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-08-26 23:59 | 雑談

Cinema (movie) baton

頭の上がらない姉さん、紀ノさんから回ってきました。

★Movie that I saw for the first time in theater
 (初めて映画館で観た映画)

「ドラえもん・のび太の小宇宙戦争」 ('85)

なんか意外に鮮明に覚えてる。札幌のどっかの映画館で見た。
しずかちゃんって何でいつもワガママなんでしょ。
ドラえもんにおける大体の騒動は
彼女のワガママかのび太の不満から始まってるような…
果たしてこの2人が未来に結婚したとしても幸せなんだろか(笑)


★Movie that I saw in theater at the end
(最後に映画館で観た映画)

"Sin City" (邦題「シン・シティ」 国内未公開) ('05)

大好きなRobert Rodriguez監督の最新作!
ヤクザ映画+フィルムノワールの2005年型最強リミックス。レトロなのに最新!
Rodriguez & Tarantinoは、映画界のFair & Masiello的存在ですわよ。
あんだけ痛快で、エンタメで、カッコイイのって、なんかもうズルい~。
ロドリゲスのイトコにして名脇役、Danny Trejoがまたこっそり出てた!ので嬉しかった☆
カンヌ、ノミネートされてるんだ…どうなるかなあ。


★The last DVD or VHS、LD I bought
(最後に買ったDVD又はビデオ又はLD)

音楽入れていいなら、Kylie "乳がん克服!" MinogueのベストDVD買いましたけど?(笑)
映像だったら…Directors Label Special triple pack
(Spike Jonze, Chris Cunningham, Michel Goundry) …って音楽か?これも。
映画は映画館で見てこそ!と信じてるので…あんま買わないです。MTVはTVでもちろんOK。


★Five movie I see a lot, or that mean a lot to me
(よく、見るまたは特別な思い入れのある5本)

TarantinoはKill Bill2以外は全部見てる(<たまたま見逃した)くらい好きなんだけど、
彼の映画は映画が前提にあっての映画なんで、ここにはちょっと違う気がして…。
バンドとDJで言えば彼はDJですから。
ともあれ…もうもうもう、他にもありすぎて、正直全然足りない!!のでBest selectionで。
出た学科のこと考えると本当、ベタで申し訳ない。

"Edward Scissorhands" 「シザーハンズ」('90)

おとぎ話、と言い切ってしまうには、私の心の端々にまで染み渡ってて無視できない。
愛ってもんが持つ二率背反性が、
Jonny Depp演じる異形の人造人間のヴィジュアルに凝縮されている。
もしその愛が人を傷つけるなら、それを捨てるのもまた愛なのかなあ。
映像的に、という以上に、あの「雪」の美しさが忘れられない。


"The Wall" 「ザ・ウォール」('82)

Pink Floydの最強すぎる音楽はともあれ、Gerald Scarff監修のアニメーションを含め、
あまりに鮮烈なヴィジュアルの数々…。監督、映像監督も実にいい仕事をしてます。
人と人との間にある見えない壁、結局その悲劇を作り出したのは一体なんだったのか、
というようなカルマ的なものすら考えさせられる。
ストーリーの象徴であるPinkの姿に、己と、虹のかなたに行ってしまった友人との
共通の苦しみを表現しようとしたRoger Watersの尽きることなき悲しみが。


"Eternal Sunshine of the Spotless Mind" 「エターナル・サンシャイン」('04)

PVも含めてMichel Goundryの作品は大好きなんだけど、
前作"Human Nature"も大好きなんだけど、何だろなあ。
映像的な話をすれば、「記憶」っていう、誰もがよく選びがちなテーマを
素っ晴らしく料理してるし、とにかくスタイルがクール&最新!
でもそこじゃなくて…もっと心情的な部分でザクザク来る。
ついでに、実験的なのにバッチリ「恋愛映画」してしまってるところが凄い!
チャーリー・カウフマンの脚本のメインテーマって「人間」なんだよな。
だから「コメディ」と呼んでしまっていいのかいつも判らない。


"Shining" 「シャイニング」('80)

見るprogressive rock(German系)って感じ。相当deep。
神経衰弱寸前の、無敵のカメラワークと、徹底した映像美。
完璧です。でもある意味エンタメでもある。
あれ以上に怖い映画を見たことがない。


"Ikinai" 「生きない」 ('98)

元ネタの「生きる」じゃなくていいのかよ!とお思いでしょうが
見終わって言葉を失うような映画を撮れる人、今世界的に見てもあんまりいない。
あえてfixを多用して感情移入を遮ろうとするドライさが本当に特徴的。
諸行無常という言葉が、陳腐に聞こえる。商業度もゼロ。
オサレで鉄砲撃てばかっこいいような気がしてる日本映画とは一線を画すね。
あと、コレと、「Dolls」は見せ方は全く違うけど、実は結構テーマが被る!意外にも。
新作「七人の弔」見たかた、感想教えてください!

★Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)

アッシー(君の場合当然ですからね)
ハムスター系(全然強制じゃないんで…時間あったらカッコイイのお願い!)
shinako(そういえば聞いてみたかった。)
VARIさん(語ってください。)
メッタメタちゃん(頼むねっ!)
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-08-23 19:53 | 雑談

Sin city、観てきました。

日曜には、敬愛するRobert Rodriguez氏(とゲスト監督のタランティーノ)の新作、
Sin Cityを観てきました☆
日本版サイト

ブルース・ウィリスを嫌味なく使える監督って、このヒトたちくらいしか知らない。

白黒ベースで一応全部CGとの事なんだけど、
どちらかっていうと、昔の日本のヤクザ映画シリーズ(出所のシーンで雪がしんしん降ってるとか)とか、フィルム・ノワールとか、初期黒澤映画のシーンを彷彿させる部分が強く
(雨ザブザブ降りまくってるからね)、ものすごくシブいのに、
クレイジーかつバイオレント、かつところどころ笑える出来で、素晴らしかった!

娼婦軍団のおねえさまたちがステキすぎるう。
みんなものすごいジャラジャラのピアス下げてるのが良くて、
ついついそういうピアスが欲しくなってしまいました。

ベニシオ・デル・トロが、オッサンエロ格好良すぎてたまらんかった。フェロモン~☆
イライジャ・ウッドが、キ○ガイメガネのサイコ君でした。キーワード「犬」。
ジェシカ・アルバは、やっぱり可愛かった。

ストーリー的に見てても、色々仕掛けがあって、
意外に切ない気持ちにもなったりして、良かったです。

会話の気の効いた部分をいまいち楽しめなかった(英語だからね)のが残念だけど、
真夏の真昼間に見るにはぴったりです(って、日本でいつ公開なんだろう?)
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-07-25 16:20 | 雑談
閉じようと思ったらこんな記事。
何を今更。中学生的には全然普通じゃない??
「自分嫌い」な子供たち 中学生の半数以上 心の意識調査

母親が保健室のセンセイというやつなんで、このテの話題、どうもひっかかる。
私なんて未だに自己肯定感などマトモに育めてないし。
踊ってて「こんだけ音楽好きな自分が好きっ!」って思う時ぐらい(笑)
「石が好きなキミが好き("恋の門"より)!」じゃないけど。

中学生くらいの場合、嫌いだからこそ、好きになれるように頑張れる気もするんだけど。

あと、10代特有の心の状態、行くあての無いエネルギーを持て余してる状態に
「キレる」という新しい(別にもう新しくもないけど)言葉を当てはめただけなんじゃないだろうか。
そりゃあ「自分はいつかキレるかも知れない」って質問に「ハイ。」って答えるわ。
エネルギー切れの私でもたぶん「ハイ。」って言う(笑)。
キレそうなシチュエーションなんて、人生のなか無数だよなあ…
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-07-18 15:32 | 雑談
えらく可愛くないカエルのDJがゲロゲロ言ってて、見るたび鬱ですよ、と
前にコメント欄で書いたCrazy Frog、女王陛下エリア(UK、AUS、たぶんNZも)
では大人気。いまやいい大人までが携帯の着信音にしてるんだけど。
(サイバートランス+カエル声。本当切ない。)

久しぶりにJames Holdenのサイトをチェックしたら(BCのmp3ストアチェックついでに)、
なんと今彼のfavourite DJとして大プッシュ中で(笑)。彼女までうろたえてる様子(笑)。

私、まだまだ修行が足りなかったなあと…思ったわけです。
Holden、あなたのクリエイション(発言含め)には、
いつも目からウロコが毎秒750枚くらい落ちる思いだよ。

みんなもCrazy Frog(とBC)、ガンガンDLしようぜ!…爆。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-07-15 14:54 | 雑談
昨日というか今日、ワケのわからん夢を見た。
なんか大勢の人がお祈りしてて(何教だかわからないけど)、
祈りの言葉を読み上げる声がとても素晴らしくて、目が覚めてもしばらく響いていた。

なんでそんな夢を見たのかさっぱり判らなかったけど、朝の駅で、新聞の1面(見えるようにボードに張って立てかけてあるのね)を見て呆然。
Blasts strike London。

ほとんど無宗教の、適当な仏教徒なんで、どう祈ればいいのか判らないけど、
今は本当に祈りたい気持ちでいっぱいです。
まず、jondoshさん。ご無事でよかったです!
あと、バンコク経由でロンドンに行く予定だった友達がいて、
今彼女がどこにいるのか(出発前なのかも)わからないのですが、心配です。
このサイト的な話をすれば、いうまでもなく多くのDJがロンドンベースで活躍してるということもあって、今本当に心乱れまくりです。

東京でも、都庁が一時閉鎖されたらしいですね。
ていうか、クラブが危険~(泣)!山手線も危険!地下鉄もっと危険!

(ここから先は本当、政治宗教がらみかつ個人的な意見です。
 気悪くされる方いたらごめんなさい!)

アルカイーダ関連の組織と思われるところから声明が出てるようですね。
この文章を読んでいる方にお願いします。
そんな幼稚な考えの人いないとは思うけど、
どうかイスラム教とテロリストを安易に結び付けないで下さい!

テロはいうまでもなく卑劣な行為で、許せないです。
でも一番恐ろしいのは、偏見とか、偏狭なナショナリズムとか、
とにかく、他者や違う意見に対して不寛容であることだと思う。
これは音楽にしても同じで、ジャンルに縛られてるのとか、ものすごく嫌。

他者に寛容でありながら、自分を見失わないのが理想だなあ。
私、特に文化面においては、ややアンチグローバリスト寄り
(交流し、理解するけど、同化はせず、って感じ)なんで、
そういう意味でイスラム圏の人達はすごく尊敬してます。
「他者に寛容であれ」ってのが一番重要な教えだとトルコ旅行中に聞いた覚えあり。

9.11の後みたいに、
ナショナリズムを煽るプロパガンダまがいのことが起こるのが本当に嫌だ。
(そこで音楽が使われたりするのは、もう最悪!)
イスラム教の信者はメルボルンにもたくさんいて、モスクもあります。
有色人種(この言い方もどうかと思うけど)だってだけで危険な目にあう可能性もあり、
ここオーストラリアもQueenの国で、国旗にユニオンジャックも未だついてるんで、
テロの恐れも含めて、他人事ではないし。

今日も明日も、心が平和でありますように。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-07-08 14:44 | 雑談