from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ゆくとしくるとし

はい!本日今現在42度です!真夏!暑いの大好き☆最高です。

色々ありすぎたけど、ありがとう2005年。
一番良かったのは、新しい人々&音との「出会い」!これにつきます☆
凹んだのは前歯の件くらいだね。もう笑い話です。

*Great Parties best 10*
1. Desyn Masiello @ Womb 3/5
2. Infusion @Prince of Wales 10/21
3. Luke Fair & Osamu M @Unit 5/3
4. Gavin Keitel @Arthur's lounge 7/22
5. James Holden @Ageha 2/5
6. John Digweed @QBH
7. Danny Howells @Room680
8. El Hornet(Pendulum DJ set) & Nubreed @Brown Alley 12/9
9. James Zabiela & Nic Fanciulli @Room680 11/25
10. Sunny 8th Birthday (the Return of Phil K) @Brown Alley 11/13

選ぼうとするとなかなか大変。思い起こすとアレもこれもゾロゾロ出てくるけど、
音っ子的にぐいーっと入り込めたものだと、これかなあと。オタっ子ランキングです。
1位はもうダントツです。あの疲れなさっぷりは一体何だったのか…。

あと、WMCはもう別枠ですね。旅部分も含めトータルで面白かった~♪
スペシャルですよ。先立つものさえあれば次回も参加したい位なんだけどなあ。

個人的なニュースだと、まずはJBの件でしょう!
これほど世界が狭いとは思わなかったよー!ね!
あとは、アバタひとつで大変な事に。このサイト的には正にハイライトだった!
(yocoさんt本当にThanks!)。
Gavin KeitelのプレイにDanny Howells@Room 680の時に出会えた事も
本当に幸運だったなあ。 新しいプロモもそろそろ公開できると思います。

人のつながりとinternetのつながり、
そしてフロアが本当につながってるのだという事を痛い程思い知った今年。
適切なアクションを起こせば、いかなる形であれ、リアクションがかえってくるということ。
そのタイミングを見失わないこと。 こっそり企んでるので、新年もよろしくお願いします。

"There' s no chance to coincidence"...いい意味でね。
今日はバイト終わり次第Riche Hawtinで回ってきます!
よいお年を☆
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-31 17:37 | Club music

Torqueyで海合宿☆

26日はboxing day(クリスマスプレゼントの箱を開ける=boxing する日という意味らしい)
という祝日で、バイト仲間の5人で海まで合宿してきました。

メルボルン市内から車で3時間強のTorqueyはサーフのメッカで、
Bell's beachなどはかなり有名だそう。
道沿いにはモーテルやバッパー、サーフブランドのアウトレットの密集地帯もあった。
KFCやらカフェやらにも立ち寄りつつ、いい感じのだらだらモードで旅は続く。
a0033805_1394862.jpg

車内はボブ・マーリーから広末涼子の「マジで恋する5秒前」までの幅広いBGM選曲。
クーラーなしの道中は、あまりの暑さ故に全員少々テンションがおかしくなり、
ひたすら「お題でボケましょう」大会>いきあたりばったりで宿泊する場所を決め>
surf beachというミもフタも無い名前のビーチへ(でも有名らしい)。
a0033805_1313175.jpg

日が暮れかかってたのと強風で、水温が割と冷たかったので、5人中唯一のサーファーのライドを眺めつつ、
黄色くてサラサラした砂の上で、ひたすら海を眺めながらビールで乾杯。

いきあたり故にちょっと高めのコテージに泊まることになったが、これが大当たり!
ビーチからは少し離れた丘の上にある、JAN JUC palace cottage というスタイリッシュな山小屋風のコテージ。
まだ新しく、必要な設備はほぼ完備。ワイングラスまで用意してあった時は全員感動。ジェットバスもあった。
a0033805_13141464.jpg

カレーを作って食べて、あとはみんなで飲み明かそうというのが今回の目的。
赤ワイン3本、スパークリング1本、日本酒1本、ビールたくさん。おつまみ大量。
時代劇口調ごっこ(inspired by 『利家とまつ』)、七変化、また「お題でボケましょう」大会…
全員が子供に戻ったように、夢中でアホなことばかりやりながら、飲んで笑って。
笑いすぎて酒が飲めないというのを久々に体験した。

2時頃、外に星を見に出る。何かを考えるスキを与えない程の、圧倒的な星空が広がっていて、
もうひたすらに見続けることしかできない。空にこんなに星があったなんて。

明けて、結局12時ごろにチェックアウト。真夏のような猛暑。
surf beachの近くのカフェ地帯でご飯を済ませ、もう一度ビーチへ。
混んだビーチで足だけ浸かりに休憩し、そのまま市内へ戻った。
a0033805_13151150.jpg

a0033805_13161423.jpg

*星と海が教えてくれたこと*
新しい景色を見れるかどうかは、自分の意思次第。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-28 13:22 | Melbourne

気温差のMerry Christmas

みんな、Happy Holidayで~す♪
Melbourneもこのとおり、すっかりWhite Christmasなんですよ。
a0033805_1305376.jpg

…嘘です。
実家の裏(正確には実家の庭側から見える、ご近所の果樹園)です。
私のIncredibleな両親が写真撮って送ってくれました。さすが北海道、本気で白い…。

そしてこっちがメルボルン。
バイト帰りに撮ったBourke St.の景色(路上の人々の服装に注目ね)と、
a0033805_1352955.jpg

そこにあるMYERというデパートの、季節の名物Christmas Windowです。
a0033805_1373756.jpg


さて今日もバイト帰りでコレを書いてますが、本気でSilent Night。
Nathan Fake - Silent Night / Grandfatheredでも聴いてしんみりしましょうかね…。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-25 01:48 | Melbourne
私の住んでるフラットは、大体どんな観光ガイドにも載ってるメルボルンの名所のひとつ、
Queen Victoria Market から徒歩5分弱のとこにある。

なんでもあるし、とにかく安い、駐車場も広い、City中心部からトラムで行き来自在…とパーフェクトなマーケット。で、4時にはcloseというシビアなお時間…。
しかし!11月末~3月まで、毎週水曜日はなんと夜10時までオープンしてるのですよ!

Night Market と銘うたれたこのイベント、ほとんどお祭りの露店感覚。
いろんな雑貨(「なんちゃってアジアン」とクリスマスものが多し)と、世界各国の食べ物屋台が並ぶなか、ラテンアメリカンと思われるおじさん達がベサメムーチョとか、しみるラテンナンバーを演奏してたりする、言うならば緊張感ゼロの『ブレードランナー』的無国籍状態。
うーん、メルボルンだわ…すさまじく近所モードの服装で、とろとろ歩いて行ってきた。

写真…私の思う勝手なヨーロッパ風祭のバンドのイメージ(ってたぶんそのつもりでやってるんだと思うが)。ドイツビールに本格ソーセージなどが食べたくなりますね。
a0033805_3185419.jpg

*買ったもの*
↓戦利品。キャミ$25、ガラスビーズネックレス$20、革にビーズのサンダル$30
a0033805_3194866.jpg

キャミとネックレスはヒッピー風のお店で購入。サンダルは他のお店で買ったインド製。ちょっと高い気もしますが、もう猛烈可愛いので良しとします。yoshitoshiます(<マイブーム表記) 

*屋台ごはん*
トルティーヤw/きのこソース $7.50、Carlton Cold(ビール) $4、焼き鳥 $3(一本)
トルティーヤはスペインのポテトオムレツで、程よくボリューミー(フツウ女子には多めと思われる)☆ グレイビーソースにマッシュルームが入ってました。他の味も有るよ。もう、うまうまだ☆
焼き鳥、1串$3(\270くらいかな)…ありえないー!この国、肉超安いのにさ~…
でも露店めぐりでビールに焼き鳥、という日本みたいなことが出来たから、
まあこれもyoshitoshiますよ。

毎週水曜は、ここで晩ごはんでもいいなあ。
来週はカンガルーとクロコダイルのハンバーガーを食べるぞー♪

というわけで、夏のメルボルンからお届けしました☆
a0033805_3214877.jpg

[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-21 23:10 | Melbourne

夜明けの印象バトン

a0033805_3192276.jpg

夏クリスマスっぷりの写真とろうと頑張ってますが、まだ撮れてません。
いいところにありがとうございます、jujuさん。今、朝の5時です。

☆印象バトン☆

■回してくれた方に対しての印象をドゾ☆

自分なりの美学を持っていて、それをちゃんと有言実行できる人。
心のお姉さんの一人!


■周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。

まつげ長い
好きなものにはひたすら熱中する
クールぶって意外と乙女モード
ヘンな子、良くも悪くも。
実際かなりアタマ悪い、良くも悪くも。


■自分の好きな人間性について、5つ述べてください。

情熱家
心が広い
色々な物事に対して感性のアンテナが鋭い
新規開拓精神が旺盛
精神的に自立してる


■では反対に嫌いなタイプは?

偉そう
利害関係でしか物事を考えてない
保守的
グループでしか行動できない
違う価値観を認めない


■自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

Madonnaですかね。常に前方に進んでいるところと、誤解を恐れない己の貫きっぷり。
もしくは、猫のように生きていたいと思う。


■自分のことを慕ってくれる人に叫んでください。

本当ありがとう、私も大好き☆


■そんな大好きな人にバトンタッチ5名!(印象付で)

ずいぶん回ってるようなので私からは回しません。
感謝と愛だけ送っときます。 
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-21 03:20 | 雑談

めるばーん町事変

こんなどうでもいいアドベンチャーゲームをつくりました。
主な登場人物の名前以外は、ストーリーも自動的に作成されてます、あしからず…
おもしろい出来事が起こったらコピペして教えて下さい♪

めるばーん町事変
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-14 17:57 | 雑談

Sasha@QBH 10.12.05

当日の写真が早くもUPされてるよ!
Sashaですよ。Sasha。世界にオンリーワンなSashaですよ。
a0033805_841575.jpg

何故か、いつも参加するように運命づけられるのが不思議です。
例えば、このように↓
去年>仕事忙しくて行けない!と思ってたら、当時の上司が得意先がらみのお葬式に出席することになったため、突然仕事に穴が。
今年>友達のBeckyから「行く?」とメールが&mixiで知り合ったmoshi子ちゃんが、今回のSasha目当てでメルボルンに来てた(この2つの出来事が当日ほぼ同時に発生)

moshi子ちゃんがホテルからタクシーを拾ってくれて、
バイト終わりで結局1時すぎに到着。
warm upでLuke Chableがシャワシャワしたエレクトロをプレイしてて、すでにフロア一杯。
故郷に錦とはこのことでしょう。良かったね、Chable!
1時半にはSashaがさっそくプレイし始める。
オーケストラの序曲を思わせるtune(確かZabielaもプレイしてたな)で始まる。
…ああ、ブースが近いよ。
新型imacとibookでのプレイで、
その2つの間にドッカンと、ミキサーと噂のSasha専用コントローラーがおいてあった。

さっそくアゲにはいる…が、ちょっとタイミング早く(&BPM速く)ないですか~???
しかも本日のPAセッティング、私の一番好きな中低音域が、イヤガラセかって位に出てない…
低音域のドラムアタック部分と、高音域だけが漂う。
も~~~~!!!ありえないよう!!ありえないってば!!!
だって、"We inturrupt this program"のベースラインが聞こえない状態だよ?
泣くよー…。 これじゃグルーヴもなにもないっす…。踊れないっす…。
Ableton LiveでのNewスタイルを堪能、どころじゃなかったもん…。

この困ったPA(と、疲れもあったと思うけど)がひっかかって、
ちょっと残念ながら、Sasha世界にうまくチューニングできなかった…。
結局ずっとplaying hardで、間にmassive tuneをバランスよく配置して…という感じ。

でも、会場はとっても盛り上がってたので、入りきれなくてちょっと寂しかったなあ。
トランシーな音がやっぱりあまり得意ではないのよね。
一人じゃなくて良かった、今度ばかりは…。


*おまけ*
・サブで回してたDJが、今年最強の脱力系逆アンセム、Superpitcher- Baby's on fireをプレイした途端、フロアから踊り子がいなくなった!w 
本人の来メル時の、盛り下がるフロアに対しての「ね!この曲最高だよね!ね!」な、
一人大盛り上がりぶり
を思い出して、つい苦笑。好きなんだけどなあ。

・closingでSean QuinがInfusion- Naturalをプレイしてたんだけど、voのみオクターヴをいじってほぼ女性voチューンに(<何の意図があって?w)。 
会場でJamieとFrankを見かけたから、焦ったー。誰かがカヴァーしたのかと思ったよ、最初。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-11 13:54 | Club - Melbourne
『AUS 三大Live act』(<勝手に命名)のうち2つ、
Nubreed (from Melb)とPendulum (from Perth)が揃い踏みとあっては、逃せません♪
つーか、三大Live act、全部3人なんだね…。
a0033805_6595082.jpg

a0033805_6564832.jpg

El HornetはPendulumの3人のうち一人が、DJをやるときの名前。
これで両方にライブやられちゃ、フロアの身が持たないしねえ。

先々週くらいから急にIDチェックが厳しくなったBrown Alley。
ID忘れちゃってどうしよう!と思ってたら、今や顔見知りになってしまったドアの兄ちゃんが
私を見るや否や「あ~!また来たね! 入んな!」って、なんと一瞬で顔パス☆
…大好きだ、Brown Alley@家から徒歩10分。 5ヶ月通ってみるものだわ。

さて、今週から始めた新しいバイト終わりでヘトヘトだった上、1時まで働いて直行したのに
入った瞬間から、もう全ての疲れが文字通り飛んで消えた。

以前レポした通り、11/12のDirty force名義のライブはどうも美味しくなかったんだけど、
今回のNubreedは6月のRoom680のライブと比べても、全然ダークでソリッドで、
猛かっこいい音を出してた! これならDirty forceでライブやる必要はないっ(断言)。
来年2月のY4Kも楽しみだけど、NubreedはLive見ないとあくまで半分!と思います。
是非、来年にはY4Kのアルバムリリースで日本でもLiveしてもらいたい♪
ドレッドヘアーのMykelが放つラップも、想定外のHip hopテイストで最高でした。
「Merry X'maaaaaas!!!!」ってBonnich兄貴のMCで終了。

さてさて、いよいよ初Pendulum!!!! DJとはいえPendulumっ!!!!!
(発音はPete Tongに倣って、「ペンヂュラム」でよろしくね!)
…ああ、D'n'Bで私がここまで踊る日が来るとは思わなかった☆
結局2時間半まるまる踊ったよ!

mix of the yearにもノミネートされてる彼らのEssential mix(今vote期間なので聴けるよ!)とほぼ同じ傾向のセットだったけど、
真ん中あたりでよりDancehall Raggaeに接近した部分もあって、やるな!って感じ!
Shy FXのEssential mixもRaggaeテイスト満載だったけど、こっち夏なんでかなりハマる。
それと、彼らの曲は、あの殆どメタルなちょっとおバカ入ったリフがたまらない!
"Slam"、"Blood Sugar"とかがドロップされたときは、本当Rock kidsの盛り上がりだった。
みんな拳振り上げすぎて。 そのうち誰かダイヴするんじゃないか?って思ったもんw
Pendulum、メタリカとか一度はスラッシュメタルかじった人には、真剣にオススメしたい。
一方で"Hold your colour"みたいな線の細い曲も好き。フロアで聴いたほうが断然素敵。
こっちいる間にライブで踊りたいなあ。
本拠地のPerth、遠いから、意外と国内でも来ないんだよね…。広すぎだよ、AUS。

「じゃーな、また来いよ!」と帰り際に例のドアの兄ちゃんに見送られ。
ああ、本当楽しいイベントだった…。
楽しすぎて帰り道で思わず、公園の鳥達にまで、笑顔で朝の挨拶をする始末でしたとさ。
そして寝ないでこのレポの下書きをする始末でしたとさ。

---------------------------------------
Drum & Bass Arena
Pendulumの曲やらビデオやら'04のライブ音源やらがあります。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-10 07:19 | Club - Melbourne

Dr.Martensのブーツ到着

a0033805_11223.jpg

メルボルンにお住まいの幸運の女神様からのクリスマスプレゼントと思われる
Resfestのレポ参照)
Dr.Martens(いわゆる「マーチン」)のブーツがとどきました♪1914というタイプ。
実にPunk Rock Raggae Rollな一品也。

UKロックの子だった十代後半に、マーチンに似たデザインのブーツを買ってよく履いてましたが
今になって本物を買わずしてGETするとはね…。
そして今期のテーマは"Outside of Ordinary"ですってよ。
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-06 00:46 | Melbourne

Balance 008 (Desyn Masiello)

…先日のゲストリストの悪夢を乗り越えて、書いてみました。写真はその時のレポから拝借。
a0033805_411134.jpg

あんまりエモーショナルの度がすぎて、主観的な文章になってます。レビューというか体験記。
最近しばらく、幾何学的なものを好んで聴いてたので、その反動が大きかったのかも。

CD1. ひとりの部。
どこか切ない"Mbira”のサウンドが描く暗い室内、もしくは夜の街並みから始まって、
Masielloが創り上げた、ギラギラとネオンの色彩輝く「ヴァーチャル80's」
(そのものっぽいけど、実は思いっきり現在形で出来てる80's)への脳内ドライヴ。
派手な盛り上がりにもかかわらず、内省的な印象を受ける。
teardrop~Piano Toolsへの流れで、それまでみてきたものが仮想だったのだ、
と現在地にゆったり引き戻してくるところが、残酷だけど優しさでもあり。

CD2. みんなの部。
Masiello流の現在の形をプレゼンしようっていう、前向きのエネルギーが溢れてる。
実際クラブで踊ってる時の印象にはこっちが近いかな。
うねりながら螺旋状に登ってく波にまかれる。
この流れに乗ってしまうと、
old schoolといわれるものも、違う輝きを帯びて見えてくるのがマジックだよね~…
1がギラギラしてるのに闇だったのに対して、
2は、たとえ真夜中のクラブの中だったとしても感じられる光。
…シアワセになってしまう、と。そしてこの終り方、思わず"One more!”と叫びそう。

----------------------------------------------------
tranzfusion.net
(リンク先の右下のほうにある"latest mixes"のとこからDesynのOctober promo、KrieceのOctober Featured Mixが聞けます)
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-12-02 04:15 | Club music