from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0033805_3461950.jpg

さんざ迷ったけど、結局遅くまでFitzroyで遊んでたのでPlaypenまで行く気力が出ず、
City内でやるPrivate Functionに、sexonwaxのロゴのお姉さんを意識した髪型
(絶対誰も気づいてないだろうけど)で、参加。

今日のヴェニュー、Royal Melbourne Hotelは初めてだったんだけど、
天井が温室みたいになってて、外のビルの明かりは見えるし、フロアの照明が反射するしで、
フロアも割と広いし、レンガの壁も味があって、休憩用のスペースもちゃんとしてる。
a0033805_347367.jpg

いつも聴きやすくて楽しいプレイをしてくれるローカルのelectro/breaks DJ、Dean MillsonとAaron RoachのB2Bセットですでにかなり盛り上がる。
周りを見ると普段の週末に見かける顔がちらほら♪
そこにSharon Phillips "Want2 Need2"(trentemoller remix)投入~!
たまらんです♪ フロアでは初めて聴いたけど、なんてテンション上がるのかしら☆
これで踊ってたらいきなりサンダル壊れた!w 本当アホだな、私…。

1時半、16Bがブースに。
予想外にDJ Vibe的なIbizian tribal多めで、そこに時折ディスコやらtechなトラックが入り混じる感じ。タバコの火を常に絶やさない工夫と機材いじりで忙しそうな上に、よく踊ってます。
本当DJが楽しそうだと無条件にこっちも楽しくなる。

わくわく踊ってたら、いきなりPhil Kに会ってもうびっくり(hisa君が外で会ったそうだ)☆
しばし外のカフェ椅子セットでご歓談。早速プロモ聴きましたよ~♪の報告を。
で、Phil Kの左に座ってるオットコマエは誰かなあ♪と気になってたら、
「Nubreedは好き?」って聞かれ、もちろん好きよ☆と笑顔で答える。
それがね…オトコマエ=実はNubreedのDanny Bonnich兄貴でさ…。
っていうか、ずっとオモロキャラで位置づけられてたのに(過去レポでもさんざん書いたけど)、
間近で見たら、意外と自分好みのツラだったというこの事実、重いよ(笑)

フロアに戻ると、16Bがお約束のDonna Summer - I feel loveかけてたところで、
そこからの流れがかなりハマった。
前にDesynのRadio show mixで聴いて気になってた、お(orど)ハウスな女性Vo.トラック、
Haji & Emmanuel - Take Me Awayがドロップされてえええ~!
☆(>v・)/ <なんというか、こういう気持ち。言葉にならん。
こういうのをCheezyにならないで演出できるのって、ここら辺一派のDJの十八番だねぇ☆

おハウスやらエレクトロやらを行き来するなか、
超がつく程久々のAgent 001- Bubblebath (16B Remix)。…ああ、初心回帰だわ。
CattaneoのRenaissance Master series vol.1をさんざん聴いたあの日。

…いいアトモスフィアのあるパーティでした。本当。空きすぎず、混みすぎず、踊って。
ありがとう音楽☆

*these event photos are taken from Resident Advisor.net
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-30 03:19 | Club - Melbourne

StewartとOmidの間

近頃Web閲覧中は、Deepmix moscow radio
熱帯夜にあの涼しい音がたまりませーん♪
Roman Pushkin, mp3search.ruに続き、なんかロシアづいてる私。

先日そのDeep mixのmixiコミュの管理人さんに、
突然無理言ってそこら辺系のDJをオススメしてもらったメールの中に、
Stewart Walkerなる名前がありました。
mix聴きつつ、AUSクラバー生活には特に必携のResident Advisorを見たところ…

Stewart Walker、金曜にメルボルン!? …嘘でしょ~!?

…そして、ついさっき「明日の16B、何と本人たっての希望で3時間セット(<こちらでは長い部類)に変更☆」っていうmassive楽しげなメールが、プロモーターからメーリングリストで送られてきた…。

どうしよう。どっち行こう。最近のパーティレポ読んでみても、どっちも良さそう…。
クラバーらしく悩むの久しぶりだからちょっと嬉しかったり…w
ともあれ金・土と2days offだあ!踊るぞ~♪

================
2人のDJmix、リンク先で聴けます。もー、どっちも悔しい位面白いんだから。

Omid16B
Stewart Walker
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-27 02:29 | Club - Melbourne
Mylo、うちの近所にも来る予定だったんですが、
その前の日本公演も急に中止とのことで「え~ 仮病で病欠~?www」
とかシャレで言ってたら、なんと突発性難聴だそうですよ。

実は中学生の時、突発性難聴を経験したmyulとしては黙ってられない…。
何の前触れもなく、ピアノでGのコードを弾いた瞬間に、右耳に音が突き刺さりました。

耳鼻科で聴力検査をしたら、右耳が高音域だけ聴こえなくなってて、
…なんつーか、高音域をイコライザでカットしたみたい。
時計の秒針の音とか、シャワーの音とか、なんてことない日常音が今までどおりに聴こえないことに、ものすごく恐怖を覚えました。
夜になると一気に恐怖が襲ってきて、毎晩こっそり泣いてた。

その領域の音を感じる細胞が損傷してるので、
細胞に栄養を与えて修復してみよう、というのが私の場合の治療法で、
毎日、学校帰りに耳鼻科で6時間近くビタミンと血行を良くする成分などの点滴を受けて、
週一で聴力検査して、そのたびにちょこっとずつ良くなっていくのが本当に嬉しかった。
成長期だったこともあったのか、半年前後でラッキーにもほぼ回復。
でも、「突発性難聴はおおよそ3分の1は完治し、3分の1は回復するが難聴を残し、3分の1は治らずに終わる。」(リンク先より)だそうで、私はラッキーなほうの例だと思います。

とにかく、いきなり聴こえがおかしくなってる!と思ったら、速攻で病院に行ってください!
放置すると治らなくなるそうなんで。

ニュースで突発性難聴の話を聞くたびに、あの恐怖やら長時間の点滴やらに苦しんでるんだろうなあ…と思うわけですよ。ましてミュージシャンじゃ尚更よね…。

Not Destroy 耳!っつーことで、早く良くなるといいね!
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-24 02:32 | Club music

myul 酒chart (Jan. 06)

夏! 夏にも程があるよ!今日は驚異の44度(注:異常気象)。
でも暑いだけでハイテンションになる困った北国出身なので、ミネラルウォーターと濃ゆくて美味しい100%ジュースを飲みながら、街をぷらぷら歩いてました…。暑さ最高!!!

さて暑い夏でも寒い冬でも、欠かせないのが酒類(<結局のところ年中か)。
ここ最近、ちょっと変わった酒を発見したので、是非おためしあれ!
日本からも酒名のリンク先で購入できるよ!

a0033805_124254.jpg
第3位:赤(とかの)AUS産スパークリングワイン
オーストラリアは何気にワイン国でして。写真のはスーパーとかでも安く売ってる(メル○ャン感覚)メジャーなスパークリングなんだけど、なんと赤ワインなのー!!!!!
Pink(ロゼ)、Yellow(白)もある。甘くてデザート感覚☆
あと、あのモエエシャンドンが経営するDomain Chandonのロゼスパークリングは、
Melb郊外のワイナリー地帯、Yarra Valleyの名物でもありまして…って私はメルボルン観光局か。Phil Kの最新プロモと共にご賞味下さい♪

a0033805_1244974.jpg
第2位:Sambvka(サンブーカ)
以前チェコのDJ Schwaが回してた時に、ブレンダンっつー兄ちゃんにオゴってもらった酒の正体が明らかに。柑橘系の甘い香りで飲み口すっきり。ウォッカ・テキーラ系かなあ。
どうやらイタリアの酒のようです。 SantosとかMatthew Dekayでも聴きながらどうぞ。

a0033805_1422676.gif
第1位:Gammel Dansk(ガンメルダンスク)
なにがってまず、このデンマークの酒紹介サイトの日本語訳が最高!
…いやー、近頃心を征服したセンセーションっていえば、
強烈なまた刺激的な感覚の世界絶頂印象。Trentemoller苦みドラム、デンマーク。
これはもう聴きながら飲むしかないです、ハムレット。音だけでも酔いそうですが。

友達の友達の友達のデンマーク人が、私の酒好きを見抜いて勧めてくれたんだけど、
これマジ美味い。度は高いけど、甘くて苦くて、とてもよいです。 これ、常備酒にする!
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-23 01:42 | 雑談

DecksじゃなくてWaxで。

a0033805_0194561.jpg

クラブっ子神社があったら行って厄払いしたいmyulです。
先週末のDamian Lazarus、逃しました…あああ、涙涙涙。
バイト終って一目散に駆けつけたのに、また「Guestlistのみです。」との無慈悲な一言。
…あがあ。
このときの心境は Torley Wong "Xristospiano"的な(<ストリームできます)。
いい曲すぎて涙出る…。

先に言えば休めるのが、バイトというものだということを、
元社会人のわたくし、すっかり忘れていました!というわけでLet's 厄☆払い♪

1/20 Krafty Kuts(4hrs set) @QBH
1/27 Private Function#35 feat. Omid16B @ Royal Melbourne hotel
1/28 ANDY C / M.C GQ/ KID KENOBI & MC SURESHOCK@ Brown Alley

2/10 Lee Burridge(4hrs set) @ Brown Alley
2/17 Renaissance presents Satoshi Tomiie @ Room680

16Bの日は、Desynを逃した悲しさを、盟友16Bに癒してもらうよ!w

先日友達から自転車(MTBタイプ)を譲ってもらって、
俄然『ヘル豪(自転車でもヘルメット着用しなきゃいかんのです)』中のmyulでした~
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-19 03:46 | Club - Melbourne
mp3search.ru以外に最近ハマッてるもの、
それは恋愛self tanningすなわちセルタン(擬似日焼け)と、
『How to survive a Robot uprising』(ロボット反乱生き残りマニュアル?)。
a0033805_4255994.jpg
焼けないというか、焼くと赤くなるだけの、非アウトドア・皮膚がん要注意体質なのですが、
このHoliday Skin、フツウのボディ用保湿乳液なのに、ちょっとだけセルタン成分が入っていて、毎日使うことでちょっとづつ軽~く日焼けしたように仕上がるそうで。
保湿でツヤツヤついでにセルタンっつーのが楽しくて、毎日使える。
a0033805_4214242.gif
本は、サイトもあるんだけど、デザインやイラストも凝ってて。
中身は、本気余ってやがておかしき、というか、大真面目にバカをやっている感じがツボ。
「きっと私の国ではそのうち大問題になるでしょうからね。ええ、私日本人なんで。」と、誰かにツッコまれた時用のナイスな英語の受け答えを、常にイメトレ!w

今のとこ得た知識だと、ロボットに追われてるときは、
とりあえず強い光のあるほうへ逃げると、見分けセンサーをかく乱できるとか。

紫外線ともロボットとも、戦う準備しております。
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-12 04:29 | 雑談

バイト de ドッキリ

a0033805_16272786.jpg

なにがって、去る1月5日に、Richie Hawtinに激似な人目撃。
バイト先レストランのスシカウンターで。
他の人が注文聞いてたので、確認することができなかったのが悔やまれる。
あんな個性的な髪型の人はそう居ないと思うのですが!

で、HMVのクラブコーナー行って「あ 今日はカッコイイの流してるなー」と
"Now playing"コーナーを確認したら、"DE9:transitions"だったりしました。さすがだわ。

さてメルボルンのクラブですが、今週末14日は、
Damian Lazarus、Tiefshwarz & Spectrum、Lee Burridgeの
3つのイベントが重なるというとんでもない事になってるのですが(>Damian行きます)、
Lee Burridge、2月10日に、愛しのBrown Alley(徒歩10分)でまたplayするそう。

"Everybody on Tour"のセレクトがちょっとひっかかってたので、
踊り行けそうでこれも嬉しや。
James Holdenが4月14日に来るのも嬉しや。
今年もいいパーティ、いい音、いい人に沢山出会えるといいなあと思います。

今日は浴衣着てバーのバイトなので、ちょっと嬉しい。
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-09 16:28 | Club music
a0033805_12135063.jpg

日本では風邪引きさんが多いようですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
夏服で、遅めのあけましておめでとうございます。
28日からnonstopでレストランとバーの両方でアルバイトで、
「仕事始め」の今日、やっとオフ。
(で明日からとりあえず日曜まではnonstop確定。)労働してまーす。

カウントダウンはバイト先のバーのバルコニーでクラッカーを鳴らし、シャンパンで乾杯して、
終ってからみんなと24hrsのChinese cafeで、お客様の差し入れの赤ワインをBYOして、
海南鶏飯とか、芝麻球とか食べて、お祝いしました。 

年末年始を踊らないで過ごすのは久しぶりだったけど、
新年早々、同僚のステキな恋バナハプニングで盛りあがる瞬間もあったりで、
とってもいい幕開けでした。 踊り初めは14日に来MELBの、Damian Lazarusで~す♪

で、25だというのに親からiTunes Music storeのギフトカードをいただいてしまったので、
早速trentemollerの旧作とか VA "Tribute to YMO"なんぞをDLしてました。

ついでに前から気になってたmp3search.ruでもMP3のDL天国。新年早々こんな。

ここ、1曲US$で10セント(11円くらい!)という破格にも程がある値段で、
(のでアルバムの収録曲数によって値段が決まる大胆なシステム…大体$1ちょっとってこと。)
US$20をクレジットカードからチャージしてお買い物。
いや…ドルとルーブルの経済格差に喜んでいいのか悪いのか…。
今更ながらRoyksopp "the Understanding"と、
あとあまりの安さに思わずPink floyd "A saucerful of secrets"(「神秘」)+数曲もDL。
ああ、中高生のときにこの値段でblurとかRadioheadのアルバムが買えてたらね~!
[PR]
by myulsoundsystem | 2006-01-04 12:39 | Club music