from Tokyo with Love...about club music & Life on the earth.


by myulsoundsystem

Infusionこのごろ。

ついにカテゴリに「Infusion」と「Miami」を追加してしまいました!
Miamiはともかく、わざわざアーティストネームのカテゴリ作ってしまうなんて…
本当、teenagerのようだわ、私ってば。もう。

Infusionオフィシャルサイトから加入できるメーリングリストがあるのですが、
こういうものからの情報を勝手に転載して良いのか迷ってまして。
いままで控えてましたが、記事全文コピー&ペーストして載せるわけではないので大丈夫では?という判断です。ド素人考えですが。

韓国・ソウルでのNYEイベントもずいぶん盛り上がったようです。
実はいっそ行こうかとも思ったのですが…
おばちゃん達の冬ソナツアーで航空券も寝床確保も難しそうだったしね。
今年はソウルで何度かショーをやりたいとコメントしてます。
…なんか日本より盛りあがってそうでいいな。焼肉うまいしな。
マシイッソヨ。カムサハムニダ。…ハラヘッタ。

BIG DAY OUTでのショーには、1stの "Phrases and Numbers" がリリースされた頃にステージに参加していたギタリスト、Matt Cateと、"Six Feet Above Yesterday"で器楽アレンジとベースを担当してたJonathan Fernandesがベース/キーボードで参加するそうです。更に照明とVJも入るそうで。ゴージャス!!(なんか今日こればっか。)
そんなショーも体験してみたい♪
ただし、タイムテーブル見ると、ほぼ全日夕方に1時間のセットです。Sidneyなんて3時〜4時だよ! …この時間っていいのかしら。どうなんだろう、真夏の3時。
私はそれこそ"Daylight Hours"でも聴きながらお茶飲んで、芝生でごろごろ転がってたい時間なんですが…。
でもロック系フェスだと昼間に爆音でモッシュ&ヘッドバンギング!とか普通だもんね。そんな感覚なんてちょっと忘れてた。すっかり夜型人間なんで。
会場では新しいInfusion Tシャツも売ってるそうですよ。

オーストラリアではニューシングル"Natural"が2月中旬、リリースされます。"Careless Kind"の the Switch mixと、remixコンテストで選ばれたDre Harris & AJ Bradford の "Girls Can Be Cruel" - Stoner Mixも収録されるようです。
Stonar Mixについては、「とんでもなくシンプルかつブラッディでクレバー。チビってもしらねーぞ。(myul意訳)」とサイトにコメントがありました。
ブラッディってさ…何か時々そういうKerrang! な言葉入れてくるよね、兄さんたち…

PHRASES AND NUMBERS
(HMV。myul通い過ぎの渋谷店には置いてるの見た事ないです。)

Six Feet Above Yesterday
(不肖myulが偏愛に満ちたレビューらしいものを書いてます。iPodに簡単に入ったから訂正したいよー。このままだと寂しいんで誰かレビュー書いて。)

Better World
(Do to you (in '82) も収録されてるのが、かなりおいしい♪Big singleです。)

まさに「灯台下暗し」だったインタビュー(exciteミュージック)
(ビデオまで有るし。ここに限った話じゃないけど、業界の方、殆ど第一部だけを見て帰ってるよね…。もったいないわー。)
[PR]
by myulsoundsystem | 2005-01-15 05:27 | Infusion